Agletの月間アクティブユーザー数が350万人に、年末独自トークンリリースへ
   公開日 : 2022/07/22

Agletの月間アクティブユーザー数が350万人に、年末独自トークンリリースへ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

歩くことでデジタルスニーカーやゲーム内トークンの収集が可能なアプリ「Aglet」の月間アクティブユーザーが350万人にのぼることがわかりました。

Agletは、adidasやnew balanceといった著名ブランドのデジタルスニーカーだけでなく、オリジナルのスニーカーNFTも手がけており、今年5月より定期的な販売が開始されたNFTは発売後数時間での完売が続いています。

NFTのローンチ前の月間アクティブユーザー数が約70万人となっていたAglet。

Agletを手掛けるOnlife社の創設者兼CEOのRyan Mullins氏は「NFT発表後、爆発的に売れた。」とコメントしており、日本では2週間No.1のアプリDL数を記録、その後韓国でのNFT販売も盛況と、NFTの導入がアプリの成長要因になっていると語りました。

Mullins氏は、Agletの今後の展望について下記コメントを残しています。

“「ゲーム体験が楽しくて、ずっと遊んでいたいと思わせることが重要です。強固なコミュニティができれば、その学習に基づいてNFTを統合できます。現在、私たちは世界中のユーザーを抱えており、Web3を統合したプレイ可能な現実の地図を構築し、商業、文化、コレクションの未来について独自の見解を生み出すという約束を実行に移し始めています。- 引用元: VentureBeat」”

Agletは年末に独自トークンのリリースを予定していると発表しています。

記事ソース:VentureBeat

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事