Checks、Pepeバージョンに絵柄を変更 | フロアプライス1.8ETHに

Checks、Pepeバージョンに絵柄を変更 | フロアプライス1.8ETHに

2023年1月はじめに8ドルでプライマリーセールが行われたChecksの絵柄が変更されています。Checksの発行者である、@jackbutcher氏が下記のツイートしたことで判明しました。

このツイートの反応を見ると、このツイートでホルダーたちはPepeバージョンに絵柄が変わっていることに気づいていることが伺えます。

画像引用元:Checksウェブサイト

ウェブサイトで表示されているchekcsの絵柄もこのように変更されていました。なぜ変更されたのかは、まだ明かされていません。この絵柄は元々、VincentVanDough氏が派生NFTとして、Manifoldで販売したNFTだったようです。

VincentVanDough氏の派生NFTは、既にプライマリーセールは終了しています。Manifoldの表記によると、オープンエディションで販売され237869個のNFTがミントされたようです。そして、こちらのNFTも絵柄が変更されていることが確認できています。

画像引用元:OpenSea

執筆時、ChecksのオリジナルNFTはフロアプライス1.8ETHまで上昇しています。(2023年2月6日)

画像引用元:OpenSea

OpenSeaでのランキングでも7日間で、取引ボリューム1位となりました。2023年1月にミントされ、海外中心に注目を集めているChecksです。今後、どのような動きになっていくのか注目したいところです。

画像、記事ソース:Checksウェブサイト@jackbutcher

 


免責事項

・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。
・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。
・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。(その他の免責事項はこちら)

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks