リップル (XRP) / 円ペアのトークン化株式銘柄を仮想通貨取引所DXエクスチェンジが発表
2019/01/18

リップル (XRP) / 円ペアのトークン化株式銘柄を仮想通貨取引所DXエクスチェンジが発表

Daichi

Daichi

海外のブロックチェーン・仮想通貨関連のニュースに加え、ウォレットやDapps、プロジェクトの解説やコラム記事などを書いています。Twitter:@daichi4crypto

エストニアを拠点とする仮想通貨取引所DXエクスチェンジが今月7日にローンチされ、トークン化株式銘柄と通貨ペアを発表しました。

DXエクスチェンジは、ナスダックの技術を使用しているトークン化証券取引プラットフォームで、デジタル・ストックと呼ばれるトークン化された株式銘柄や仮想通貨に投資することができるものです。

DXエクスチェンジの公式ツイッターでの発表によると、同プラットフォーム上で投資が可能な主な株式銘柄としては、アマゾン、バイドゥ、アップル、フェイスブック、グーグル、インテル、マイクロソフト、ネットフリックス、エヌヴィディア、テスラが発表されています。

まあ、提供される通貨ペアとしては以下が発表されています。

  • リップル (XRP) / ビットコイン (BTC), イーサリアム (ETH), ユーロ(EUR), 日本円 (JPY), 米ドル (USD)
  • ライトコイン (LTC) / ビットコイン (BTC), イーサリアム (ETH), 米ドル (USD)
  • エニグマ (ENG) / ビットコイン (BTC), 米ドル (USD)
  • OmiseGo (OMG) / ビットコイン (BTC), イーサリアム (ETH), 米ドル (USD)
  • カルダノ (ADA) / ビットコイン (BTC), イーサリアム (ETH), 日本円 (JPY), 米ドル (USD)
  • ShareToken (SHR) / ビットコイン (BTC), 米ドル (USD)
  • Digibyte (DGB) / ビットコイン (BTC), イーサリアム (ETH), ユーロ(EUR), 米ドル (USD)

DXエクスチェンジのプラットフォーム上での取引は現在はEU圏のみでローンチされており、同プラットフォームの共同設立者でありCEOのDaniel Skowronski氏は自身のツイッターにて「2019年中にはアメリカでも利用可能となる」と発表しています。

記事ソース:DXエクスチェンジ公式ツイッター

Daichi
DXエクスチェンジの日本上陸が楽しみです!

CRYPTO TIMES LINE@で情報ゲット!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事