株式会社イードがテックビューロが開発するmijinを活用し、ゲーム領域におけるブロックチェーンの実証実験か
2018/08/17

株式会社イードがテックビューロが開発するmijinを活用し、ゲーム領域におけるブロックチェーンの実証実験か

sota【CRYPTO TIMES 公式ライター】

sotaCRYPTO TIMES 公式ライター

高校卒業までの18年間を水泳に捧げた水タイプ大学生。大学ではサーフィンやらボストンへの留学やらしてます。2017年8月に仮想通貨に手を出し、最近ではマインングも始めました。

ゲーム領域でのトークンエコノミー形成を目指すiid(イード)と、仮想通貨取引所Zaifやブロックチェーンmijinを開発するテックビューロが、ゲーム領域におけるトークンエコノミー構築を目指す実証実験を行っていたことが明らかになりました。

記事ソース: iidプレスリリース

目指すは「ゲームを遊ぶことが価値になる社会」

今回行われたGameDaysと呼ばれる実証実験では、ゲームプレイ時間やゲームの購⼊、ゲーム情報のシェアなどといった⾏為に対して、Super Gamers Coin(スーパー・ゲーマーズ・コイン)とSuper Gamers XP(スーパー・ゲーマーズ・エックスピー)というトークンを付与したとされています。

また、今回の実証実験を通して、2018年9⽉よりGameDaysの中核となるスマートフォンアプリをリリースし、プロジェクトの正式スタートを予定しているもようです。

ユーザーはSuper Gamers Coinを集めることで、特典コンテンツへのアクセスや、限定ユーザーイベントへの招待といった特典を受けることができるとされ、将来的には、ゲームの購⼊やゲーム内アイテムの交換にも利用できるように準備を進めるとも発表されました。

これらを通し、ゲームを遊ぶという⾏為自体が価値を持つ社会の実現を⽬指すとされています

この記事を書いたライター

sota【CRYPTO TIMES 公式ライター】

sotaCRYPTO TIMES 公式ライター

高校卒業までの18年間を水泳に捧げた水タイプ大学生。大学ではサーフィンやらボストンへの留学やらしてます。2017年8月に仮想通貨に手を出し、最近ではマインングも始めました。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事