Tron CEOであるJustin Sun氏がBinanceハッキング被害への支援を表明するもCZ氏はこれを断る
   公開日 : 2019/05/09

Tron CEOであるJustin Sun氏がBinanceハッキング被害への支援を表明するもCZ氏はこれを断る

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

TronのCEOであるJustin Sun氏は今月8日に発生したBinanceのハッキング事件に対して、個人資産から7,000BTCを提供すると表明しました。

Justin氏が支援を表明するもCZ氏に断られ、ユーザーからは厳しい批判が集まる

同氏は8日にTwitterを更新し、同意してくれるのであれば個人的に7,000BTC相当のUSDTをBinanceに入金し、$BNBや$BTC、$TRXなどを購入する準備があるとBinanceに呼びかけました。


これに対してBinanceのCEO、CZ氏は以下のように回答しました。

「みなさんからのサポートに感謝しています。しかし、現在はその必要はありません。私たちはSAFU基金からの資金で損失を補填します。私たちは怪我を負いましたが、壊されてはいません。

私たちはこの問題を解決し、ユーザーが再び入出金を行えるように尽力しています。これには少し時間がかかります。」

Justin氏の発言に対しては、Twitter上で批判的な意見が多く上がっており、「市場操作の思惑」や「マーケティング戦略」であることを指摘するコメントが見受けられました。

記事ソース: Twitter

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事