MAN 仮想通貨

MATRIX AI Network(MAN)はAIを搭載した、スマートコントラクトプラットフォームです。

中国初のプロジェクトの中でもっとも期待されているプロジェクトの一つとして注目されています。

こちらのページでは、そんなMANの特徴や概要から、競合と比較した優位性についてまとめています。

これを読めば、MATRIXがどんなプロジェクトなのか、どうして注目度が高いのかがわかります。

目次

MATRIX AI Network(MAN)の概要を簡単に把握しよう!

MANの概要

通貨名/ティッカー MATRIX AI Network/MAN
総発行枚数 1,000,000,000(10億) MAN
創業者(CEO) Owen Tao
主な提携先 一帯一路HYPER LEDGERSmartMeshなど
特徴 AIを搭載した次世代ブロックチェーン
公式リンク Webサイト
Telegram
Twitter(EN)
Twitter(JP)
Blog(Medium)
Reddit
Facebook
Youtube
Github

MATRIX AI Network(MAN)の特徴を詳細解説

MAN 特徴

MATRIX AIのプロジェクトは、AIがベースにあるブロックチェーンプラットフォームを作って、誰でもAI・ブロックチェーンを簡単に利用できるようにするプロジェクトです。

中国政府との提携もあるプロジェクトということで、バックグラウンドもかなり強力になっています。

プライベート・パブリックブロックチェーンの連携、自己進化機能、巨大なTPSに対応できるスケーラブル性などの実現を目標にしていて、プラットフォーム系として目指しているレベルはかなり高いです。

少し難しいと感じた人は「MANの将来性・ユースケース」まで読み飛ばしても、MATRIXがどのように社会に影響を与えていくのかがよくわかるはずです。

AI×ブロックチェーンのプラットフォーム

MATRIXはAIがベースにあるブロックチェーンプラットフォームです。

ブロックチェーンと最先端のAI技術を組み合わせることで高TPS(スケーラブル化)、高セキュリティを実現し、開発者にとっては操作しやすい、一般ユーザーにとっては使いやすいプラットフォームを作ることができます。

プライベートチェーンとパブリックチェーンをつなげることができる

プライベートチェーン パブリックチェーン
概要 承認などをする人が限られる 誰でも承認などをすることができる
分散性
(信頼性)
三角 丸
プライバシー保護 丸 三角
取引時間
や手数料
丸 三角
XRP,ALISなど BTC,ETHなど

Maxtix AIにはプライベートチェーンとパブリックチェーンを連携させる機能があります。主な違いは表の通りです。

「どちらが優れている」ということではなく、それぞれ用途が違います。

2種類のチェーンの用途
  • Private…企業内データベースの構築など
  • Public…オープンネットワークの構築など

クローズドにしたいものにはプライベートチェーン、オープンにしたいものにはパブリックチェーンを利用します。

このように用途が違う2種類のブロックチェーンを組み合わせることで利用の幅が広がり、仮想通貨・ブロックチェーンに革命を起こすことができるとMANは考えています。

この機能によるメリットについては「MATRIXの将来性・ユースケース」でまとめています。

1,000,000TPS(高いスケーラブル性)を実現する

MAN スケーラブル

MATRIX AIはランダムクラスタリングという技術で安全性・公平性を保ちつつ、高いスケーラブル性を実現します。

ランダムクラスタリングを簡単に説明すると、クラスタ(PoSノードの集まり)がランダムに形成され、そのクラスタの代表者がPoWで承認作業を行えるというものです。

代表者の数が制限される、代表者は作業をクラスタ内のノードにふり分けることができる、という2つのポイントによって高いTPSを可能にします。

MANが目指している1,000,000TPSはQuarkChainが目指しているTPSと同じです。

TPSの補足
Transaction Per Secondの頭文字をとったものです。1秒当たりに処理できるトランザクション数を示しています。現在瞬時に決済ができるVISAが約45,000TPSとされているので、どれだけ高いレベルを目指しているかがわかります。

AIがセキュリティホール(脆弱性)やエラーを見つけて修正していく

MAN スマートコントラクト

MATRIX AIではスマートコントラクトやネットワークの脆弱性やエラーを自動的に検出・修正することができます。

また、ネットワークの脆弱性やエラーが生じるのは、多くの場合ネットワークが動いているときです。

つまり、プログラムの間違い(構文・構造エラー)を検出・修正できたとしても「プログラムを動かしてみたら脆弱性がある」ということは大いに起こりえます。

でも、MANでは構文解析やディープラーニング、モデル検証、シミュレータなどを駆使して、プログラムが動いている状態で脆弱性を検出することが可能です。

ハードフォークしないで自己進化(最適化)する

ハードフォーク不要のアップデートとは
MATRIXのAIによる自己進化では、ハードフォークが必要ありません。例えばBCHのブロックサイズ変更などのためにHFが起こりました。でも、MANではHFなしで進化していくことができます。

技術的な話ですが、プロトコルレイヤに最適化エンジンを組み込むことでHFなしでのパラメーター最適化を可能にしています。

これによって、MANのコミュニティが分裂することを防ぐことができたり、開発者がHFの心配なしに開発に専念することができるようになります。

中国政府One Belt One Roadとの提携がある

MAN 一帯一路

MATRIX brings good news to all the supporters of MATRIX and the Belt and Road initiative; we are proud to officially announce that have signed a strategic cooperation agreement with the state owned Belt and Road Development Centre, to become the only blockchain partner of the center.

中国の一帯一路(One Belt One Road Initiative)は中国が、800兆円以上を投じて構築しようとしている対世界の経済圏のことです。

この提携は実質的には中国政府との提携を意味します。

政府との提携があれば規制・コネクションなどMANにとってかなり有利に働くのは間違いありません。

Point
現時点で一帯一路が提携しているブロックチェーン関連プロジェクトはMATRIX AI Networkだけです。

【MATRIX AI Network(MAN)の将来性・可能性】使われ方・ユースケースを解説

MATRIXが実際にどのように使われるのかを、具体的な事例を交えて解説しています。

技術的なことよりも、どんなことができるのか、どう世界を変えるのかに焦点を当てた解説です。

だれでもスマートコントラクトが利用できるようになる

MAN インテリジェントコントラクト

MATRIX AIではSolidityなどのプログラミング言語がわからなくても、スマートコントラクトを利用(作成)が可能です。

言葉(英語や日本語)で作成したいスマートコントラクトを入力していくことで、AIが自動的にスマートコントラクトを作成してくれます。

スマートコントラクトの利用事例
  • 商品が購入(決済)〜発送を自動化する(オンラインの自動販売機のイメージ)
  • エクスクローサービスが自動化される(仲介者が不要に)
  • KyberNetworkのような自動両替の仕組みを作れる
スマートコントラクトではこれらの一連の流れをプログラムで自動化することができます。

コンピュータ言語がわからなくても、事例で紹介したような仕組みを簡単に作成することができるわけですね。

このスマートコントラクトの自動生成機能をMATRIX(MAN)ではインテリジェントコントラクトとよんでいます。

Point
読み書きができる70億人のうち、2,000万人しかプログラミングはできません。インテリジェントコントラクトによって、スマートコントラクトがより身近なものになるのは間違いないですね。

外部と情報を即時にやりとりできる社内システムなどの構築ができる

社内ネットワーク・システムは機密性が高いものなので、プライベートチェーンで作成されることになります。

機密性を高めるために、通常は外部との接続を遮断するので、外部のリアルタイム情報を取得することはできません。

しかしMATRIX AIを利用すればプライベートチェーンとパブリックチェーンの連携ができるので、機密性を保ちつつ外部のリアルタイム情報を取り入れたりすることができるようになります。

それとは逆にプライベート→パブリックへの送信もでき、「機密システム内から一部情報のみをオープンにしたい」のようなことでも簡単に実現可能です。

AIを搭載したアプリ作成・AIの利用が簡単にできる

MaxtrixはAIを搭載したブロックチェーンなので、AIを搭載したオープンソースのアプリを簡単に作ることができます。

MAN上の最初のシステム
Beijing Cancer Hospital(北京ガン病院)をはじめとする302の病院などと連携して、AIによる甲状腺ガン・肝臓ガンの画像診断をするシステムの開発に取り組んでいます。

本来、AIを搭載したアプリを作成しようとすれば、AIはアプリとは別に開発するしかありません。

でもMANを利用すれば、すでにMANで作成されているAIを使用料を支払うだけで利用することができます。

また、AI搭載アプリの作成以外にも、AIの計算力・サービスの利用もできます。

Point
AIの使用料はMANトークンを通じて支払うことになります。

MATRIX AI Network(MAN)のロードマップを確認しよう

MAN ロードマップ

予定時期 達成予定内容
Age of Genesis
2018年9月
プライベート・パブリックチェーンTx
Age of Speed
2018年12月
・AI対応PoS/PoWコンセンサスメカニズム
・人工知能に基づいた自己進化アルゴリズム
・ランダムクラスタリング
Age of Civilization
2019年12月
・AIに基づいた自己進化の実装
・AIによるスマートコントラクトの保護
・AIによるパラメーターなどの調整
Age of Wonder
2020年1月
・人工知能チップ
・コンピューティング/マイニング機器
・人工知能とビッグデータに基づくアプリケーション

【2018年9月】プライベート・パブリックチェーンのトランザクション

Age of Genesis
2018年9月
プライベート・パブリックチェーンTx

この時期までにプライベートチェーンとパブリックチェーンのトランザクション機能を実装する予定です。

MANの大きな特徴になる機能なので、予定通りにきちんと実装されるかに注目です。

【2019年9月】AIによる高速化とセキュリティ強化

Age of Speed
2018年12月
・形式検証
人工知能に基づいた自己進化
ランダムクラスタリング

「Age of Speed」の名前の通り、AIを用いた効率的なトランザクションの実現を目指します。

同時にセキュリティ強化のための自己進化機能など、ブロックチェーンとAIが本格的に連動してくるフェーズです。

【2019年12月】AIの機能が実装されてくる

Age of Civilization
2019年12月
・AIに基づいた自己進化の実装
・AIによるスマートコントラクトの保護
・AIによるパラメーターなどの調整

アルゴリズムが完全になったら、いよいよネットワークにAIが実装されてくるようになります。

どの程度注目度が高くなるかチェックしておきたいですね。

【2020年1月】MANに関するプロダクトがリリースされ始める

Age of Wonder
2020年1月
・人工知能チップ
・コンピューティング/マイニング機器
・人工知能とビッグデータに基づくアプリケーション

ネットワークが本格稼働し、MANに関するプロダクトが出始めて来るようになります。

さっちゃん
さっちゃん
このあたりから提携なども、もっと活発になるのかなと個人的には思っています。

MATRIX AI Network(MAN)の優位性は?競合・類似プロジェクトとの比較

MATRIXについてよく理解できたら、競合についても確認しておきましょう。

MANは長期目線のプロジェクトなので、競合の動向についてもきちんと確認しておくことが大切です。

EOS・NEO・Ethereumなどのブロックチェーンプラットフォーム

MAN EOS

MATRIXは他の多くのブロックチェーンプラットフォーム(スマートコントラクトプラットフォーム)と競合します。

特にEOSMANの公式Blog(Medium)でも取り上げられていたように、かなり意識されています。

MATRIXの違いとして、インテリジェントコントラクトAIによる自己進化(セキュリティ強化)・トランザクション処理(マイニング)の効率化による高速化という部分が強調されています。

その他のブロックチェーン×AIのプロジェクトとは競合しない

MATRIXはその他のAI系プロジェクトとは競合しないという見方が強い印象があります。

基本的にMATRIXがやろうとしていることが実現すれば、AIの計算力を販売する、AIでビッグデータを扱う、という“他のプロジェクトがやろうとしていること”はMANだけで実現できてしまうからです。

もちろん、それだけ時間がかかるプロジェクトではあるということにはなります。

MATRIX AI Network(MAN)への意見・ツイートまとめ

日本語情報は公式日本コミュニティの運営者の2人が積極的に公開しています。

MATRIX AI Network(MAN)のチャートを確認しよう

MAN チャート

CoinmarketcapによるMANのチャートです。(2018年7月まで)

リアルタイムのチャートはHuobiなどで確認することができます。

MANはロードマップでも紹介したように、長期的な目線で期待が持てるプロジェクトです。

もし仕込みたい場合はチャートを参考にしつつ、できるだけ安い価格で購入するようにしましょう。

MATRIX AI Network(MAN)が購入できる取引所一覧!おすすめはHuobi(HADAX)

MANの取引所一覧

国内取引所 海外取引所 DEX
なし Huobi(HADAX)
CoinEgg
LBank
Gate.ioなど
IDEX
EtherDelta(ForkDelta)など

MANが取引できる取引所一覧です。

Coinmarketcapによれば、一番取引高が多いのはHADAX(Huobi)での対BTC取引になっています。

できるだけ取引高が多い取引所で購入・売却するようにすると、たくさん売買しやすい、取引したい価格での取引が約定しやすいというメリットがあります。

MATRIX AI Network(MAN)プロジェクトまとめ

MAN 仮想通貨

中国の最有望プロジェクトの1つ、MAXRIX AI Network(MAN)についてまとめました。

長期目線のプロジェクトになりますが、中国政府との提携強力なチーム確実な需要など、期待が持てるポイントは多いです。

MATRIXによってAIがより身近なものになる未来も遠くないかもしれませんね。

MATRIX AIについてもっと知りたいと思った人はホワイトペーパーを読んだり、公式Twitterなどをチェックしたりしてみてください。