分散型デリバティブDEX「Aevo」で$AEVOの取引が開始

分散型デリバティブDEX「Aevo」で$AEVOの取引が開始

分散型デリバティブDEX「Aevo」にて$AEVOの取引が開始されました。記事執筆時の$AEVO価格は2.64ドルを記録しています。

DAレイヤーにてCelestiaを採用している独自のEthereumのレイヤー2チェーン上で仮想通貨のデリバティブ取引を提供するAevoでは、$BTCや$ETHなどのすでに現物が流通している通貨に加え、$BLAST、$W、今回取り扱いが開始された$AEVOなどローンチ前のトークンの価格を取引できます。

関連記事:Wormholeがエコシステムユーザーとコミュニティメンバーにエアドロップを発表

$AEVOは本日3月8日より大手仮想通貨取引所Binanceのローンチプールにて取り扱いが開始されており、ユーザーは$BNBまたは$FDUSDを預けることで現物の$AEVOのファーミングが可能。総供給量の4.5%にあたる45,000,000 AEVOが今回のキャンペーンの報酬として割り当てられています。

AevoはRibbon Financeのチームよって構築されたプロジェクトで、$RBN保有者は1:1のレートで$AEVOへの転換が*可能となります。*ロックアップ期間あり

$RBNの価格は直近2週間で200%以上の上昇を見せており、Aevoへの注目が集まっていることが窺えます。

記事ソース:Binance

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks