NHL アイスホッケーチーム「San Jose Sharks」が暗号通貨決済を採用へ
   公開日 : 2021/06/08

NHL アイスホッケーチーム「San Jose Sharks」が暗号通貨決済を採用へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

カリフォルニア州のホッケーチームであるSan Jose Sharksは、National Hockey League (NHL)のチームの中で初めて特定の大口購入時に暗号通貨の支払いを受け入れることになりました。
購入対象はシーズンチケット、企業スポンサーシップ、アリーナのスイートルームのリースなどです。

今回の施策は、Sharksの親会社であるSharks Sports and Entertainmentがアメリカの決済サービスプロバイダーのBitPayと提携したため、暗号通貨による支払いが可能になりました。

ユーザーは今後、BitPayで以下のもので支払うことができます。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Wrapped Bitcoin
  • Dogecoin
  • GUSD
  • BUSD
  • DAI
  • PAX
  • USDC

※ステーブルコインは現時点でEthereumネットワークのERC-20のみを受け付け予定。

Sports Business Journalによると、Sharksのアリーナで購入できる商品をチームのアプリ内での暗号通貨支払いオプションを検討しているとのことです。

さらにSharksのプレジデントJonathan Becher氏によると、一試合づつのチケット、飲食物、商品などが購入できることを検討しています。

Sharksは、暗号通貨の受け入れを開始したPayPalでの支払いを受け付けていますが、Jonathan Becher氏はSports Business Journalに対し「我々はPayPalを受け入れているので、定義上、暗号通貨を受け入れていることになります。ただ第三者を介して行うのではなく、暗号通貨を受け入れてより明確にしてたらどうだろうか」と発言しています。

BitPayは暗号通貨を法定通貨に変換するPaypalとは異なり、サービスを提供している側が暗号通貨を直接受け取ることができます。Sharksが暗号通貨の使用を増やしていることから、NHLの他のチームでも暗号通貨の支払いを受け付けるチームが増えてくるかもしれません。

BitPayは2011年に設立された、米国ジョージア州アトランタにあるビットコイン決済サービスであります。BitPayの立ち上げ以来、総額7,250万ドルの資金を獲得し、個人またはビジネス向けのサービスを提供しています。

記事ソース:DecryptoSports Business Journal

画像:shutterstock

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事