NiziUやTWICE所属の韓国芸能事務所がNFT事業に参入を発表
   公開日 : 2021/07/03

NiziUやTWICE所属の韓国芸能事務所がNFT事業に参入を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

soompiによると、JYPエンターテインメント(JYP Entertainment Corporation)がNFT事業に参入することを発表しました。

JYPエンターテインメントは、パク・ジニョンが代表を務める韓国の大手芸能事務所です。NiziUやTWICE、2PMなどのアーティストが所属しており、日本ではJ.Y.パークがプロデュースしている事務所といえば馴染み深いかと思います。

7月2日に、JYPエンターテインメントとDunamuが戦略的ビジネスパートナーシップを締結したことが分かりました。

Dunamuは、韓国No.1暗号資産取引所Upbitを運営する会社であり、本パートナーシップを通して、K-POPベースのNFTの作成・配布・交換を行うプラットフォームの確立と、関連するサービスの開発・提供・運用を行うことを目的としているとのことです。

これまで、Dunamuは、創業者であるパク・ジニョンの持つ、JYPエンターテインメントの株式を取得することで投資してきました。新たに、DunamuとJYPエンターテインメントは、本パートナーシップのための合弁会社を設立する予定であり、JYPエンターテインメントが合弁会社の経営と、様々なIP・コンテンツを提供するとのことです。

JYPエンターテインメントは次のようにコメントしています。「JYPには世界中のK-POPを代表するアーティストと、クリエイティブで専門的なコンテンツを所有しています。Dunamuは、ブロックチェーンやグローバルネットワークといった基本的な技術スキルを所有しています。私たちのコラボレーションとシナジーにより、NFTプラットフォーム事業を通した付加価値を創造していきます。」

JYPエンターテインメントに所属するアーティストは日本でも人気が高く、今回のNFTプラットフォームにより、多くのファンがNFTに触れることになりそうです。NFTに関連するサービスも開発するとのことですので、NFTの新しい価値と体験が産まれることを期待します。

JYPエンターテインメントのNFT業界参入が成功することで、一気に韓国エンタメ産業がNFT業界に参入してくる可能性が考えられます。韓国のエンタメは今や世界的に人気なコンテンツを持っているので、NFT業界で認知度を広めるかもしれません。

記事ソース:soompi

画像:shutterstock

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事