Solanaの新しいミームコインDogWifCatが登場!24時間で3,598%まで価格が上昇

Solanaの新しいミームコインDogWifCatが登場!24時間で3,598%まで価格が上昇

Solanaの新しいミームコインとなるDogWifCat($DWIFC、ドッグウィフキャット)は、日本時間で3月21日の午前2時にローンチ(発売)されました。

ローンチ後には買いが殺到し、3,598%となる0.0152ドルまで価格が高騰しました。

今月、Bitcoin(BTC、ビットコイン)が史上最高値を更新しましたが、その裏で投資家たちはBonk($BONK、ボンク)やDogwifhat($WIF、ドッグウィフハット)、Smog($SMOG、スモッグ)、Book of Meme($BOME、ブック・オブ・ミーム)などのSolanaコインの大活躍に注目していました。

DogWifCatは、ミームコイン分野で流行している「Wif-hat(帽子を被った)」コインのトレンドに乗っていますが、Hat(帽子)の代わりにCat(猫)とすることで、他の仮想通貨との差別化をはかっています。

チームの狙い通り、DogWifCatは瞬く間にミームコイン分野に拡散され、$DWIFCの時価総額はゼロから1500万ドルまで膨れ上がり、過去24時間の取引量は1600万ドルに達しました。

流動性は現在約500万ドルとなっており、大規模な取引を促すための十分な供給があることがわかります。 

また、DogWifCatのトークン総供給量は10億ドルで、$DWIFCのトークンアドレスはこちらです。

DogWifCatは、すでに1,880人の保有者を集めています。

クジラは$DWIFCに狙いを定めているか

$DWIFCは、Jupiter(ジュピター)もしくはRaydium(レイディウム)DEX(分散型取引所)で、SOLまたはSolana基盤のトークンをスワップ(交換)することで購入できます。

戦略的な投資家は、$BONK、$BOMEなど他のSolanaトークンの高騰から利益を得つつも、その利益の一部を$DWIFCに移行させて、さらに大きなリターンを狙おうとしています。

DogWifCatは公式サイトで「DogWifCat=大きな投資」と説明しており、犬と猫を組み合わせた$DWIFCで大きな利益を得ることができるとアピールしています。

内部の関係者によると、賢いクジラ(大口投資家)による$DWIFCの購入が確認されており、DogWifCatのTelegramチャンネルでは約10万2000ドルの買いがあったと報告されました。

次のBOME、SLERFと噂されるDogWifCat

巧みに名付けられたDogWifCatは、$BOMEや時価総額が4億ドル近い$SLERF($Slerf、スラーフ)よりも市場に強い印象を与え、トレンドとなる可能性は十分にあるでしょう。

特に、$SLERFに関しては、先日開発者がプレセールで集めたトークンを誤って焼却してしまったことで大きな話題となり、値動きはさらに好調となりました。

$SLERFの取引量は今週初めに27億ドルを記録し、Ethereum(イーサリアム)全体の取引量を上回り、様々なメディアでも取り上げられました。

しかしながら今回のトラブルで、$SLERFの開発者を取り巻く状況に不安を感じる投資家が出ていて、価格上昇はやや落ち着いており、過去24時間の上昇率は3%程度にとどまっています。

もう1つのSolana新米ミームコインに$BOMEがありますが、発表直後に高値を付けた後、価格は下降気味となっています。

DogWifCatは、これら2つのコインとは対照的で、価格上昇の勢いがさらに強まっています。

DogWifCatは、犬と猫という2つの異なるものを融合させたという点で、ミームコイン分野で際立っており、魅力的な投資チャンスを提供しています。

ブル(強気)市場はまだ始まったばかりで、ミームコインはその先頭を走っています。

特にSolanaネットワークはミームコインのハブとして発展しつつあり、$DWIFCなどのコインは今後も大いに注目されていくでしょう。

DogWifCatプロジェクトに関する最新情報は、X(旧Twitter)Telegramで更新されているので、興味のある方はぜひご覧ください。

$DWIFCを購入する


Press Released Article

※本記事はプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks