エコフレンドリーな取り組みを行うeTukTukがプレセールで120万ドルを達成、EV分野に特化したエコシステムとは?

エコフレンドリーな取り組みを行うeTukTukがプレセールで120万ドルを達成、EV分野に特化したエコシステムとは?

最近の仮想通貨市場では、環境問題に配慮したプロジェクトに焦点を当てる投資家が増えており、エコフレンドリーな取り組みを行うミームコインとして、eTukTuk($TUK、イートゥクトゥク)が注目されています。

多くの国では、二酸化炭素の排出量を大幅に削減するため、EV(電気自動車)の導入を積極的に行っていますが、eTukTukはそのようなEV分野に参入し、サステイナブル(持続可能)をテーマにプロジェクトを始動しました。

今回は、そのようなeTukTukプロジェクトの概要と現在行われているプレセールの詳細についてお伝えします。

エコフレンドリーさで話題のeTukTuk

eTukTukは、ミームコインとしての$TUKを提供するだけではなく、深刻な環境問題に対応するため、電気自動車供給設備(EVSE)を拡大し、世界的なEV普及も目指しているエコフレンドリーなプロジェクトです。

同プロジェクトはスリランカを主要拠点としており、交通インフラの整備が進みにくい発展途上国を中心に活動しています。

具体的には、DePIN(分散型物理インフラネットワーク)を取り入れて、EV普及を促すための充電ステーションの構築・運営を行い、二酸化炭素の排出量削減や二酸化炭素による健康被害への対策に繋げています。

またeTukTukは、エネルギー効率に優れたBinance(バイナンス)のopBNB(レイヤー2ブロックチェーン)を採用しているため、ドライバーの収益を最大400%増加させることができます。

さらに、地域のパートナーと提携してEVSEに必要な機器の設置などを行い、地域の雇用を生み出しながら充電ステーションの運営をしています。

このように発展途上国におけるサステイナブルな経済活動も促していることから、多くの投資家がeTukTukへの参入を決めています。

エコシステムの中心を担うeTukTuk EV

eTukTukのエコシステムの中心を担うのが、新しい電気自動車のトゥクトゥクであるeTukTuk EVです。

古い燃料機関を利用したICE車両である従来のトゥクトゥクは、発展途上国を中心に現在2億7000万台以上が走行しているといわれますが、一般車両よりも多くの二酸化炭素を排出するため、一刻も早くEV車両へ転換することが求められています。

eTukTuk EVは5年の歳月をかけて設計され、ブロックチェーンとAIの技術を上手く活用することで、信頼性が高くコスト効率のいい電気自動車を提供し、スムーズなEVへの移行を促します。

また、eTukTuk EVにはAIを利用した予測メンテナンスが取り入れられているため、1つ1つの車両を長期的に使用できるように工夫されています。

充電ステーションを拡大し二酸化炭素の排出量削減を狙う

eTukTukは、発展途上国におけるEVの充電ステーションの拡大を目指しており、主要拠点であるスリランカでは、政府と提携してすでに200カ所以上の設置場所を確保しています。

また、地域のパートナーシップ構築にも積極的に取り組み、充電ステーションの構築・運営にかかるコスト削減に繋げて、充電ステーション・ネットワークの強化をはかっています。

プロジェクトは、このような充電ステーションの拡大を通して、都市・郊外へ交通革命をもたらす計画を立てており、二酸化炭素の排出量削減の他、AIを用いた高度な交通システムを導入して交通渋滞の緩和をすることで、地域のニーズを満たすことを目標にしています。

$TUK保有者と途上国の経済へ貢献するパワーステーキングの仕組み

eTukTukが提供するパワーステーキング・システムは、$TUKトークン保有者と、プロジェクトが活動する途上国の経済へ大きく貢献しています。

$TUKトークン保有者がトークンをステーキングすると、充電ステーションでの電力供給をサポートすることができ、そのリターンとして報酬が付与されます。

現在のAPY(年間利回り)は183%となっており、報酬額はステーキングプールのシェアとAPYのパーセンテージによって決定され、3年間かけて支払われる仕組みです。

また、eTukTukを利用したトゥクトゥクドライバーは、車両の使用料を$TUKトークンで支払いますが、このように取引が行われるごとに、協力してくれた地域のパートナーとトークン保有者へコミッションが提供されるようになっています。

このようなパワーステーキングの仕組みはサステイナブルを意識したものとなっており、長期的なプロジェクトの発展が期待されています。

プレセールで120万ドルを達成、さらなる盛り上がりを見せる$TUK

eTukTukが現在行っているプレセールでは、すでに120万ドル以上の資金が調達されており、環境への意識が高い投資家が続々と参入を決めています。

現在の価格は0.027ドルとなっていますが、同プロジェクトは早期参入者が有利になるように、価格を段階的に引き上げる方法を取っているため、来週には価格が上昇する予定です。

eTukTukのトークノミクスを見てみると、総供給量20億$TUKのうち、20%がパワーステーキングへ、10%がそれぞれマーケティングとコミュニティ報酬へ、6%がプレセールへ割り当てられています。

このように魅力の多いeTukTukは、仮想通貨インフルエンサーからも注目されており、Youtubeでは11万人以上の登録者数を誇るClayBro氏が、実用的なユーティリティ(使用事例)を持つ仮想通貨として最近eTukTukを紹介しました。

日本でも、仮想通貨ユーチューバーであるマルチインカムサラリーマン蜂野一さん(登録者数1万8000人以上)もeTukTukのポテンシャルを説明した動画をアップロードしているので、興味のある方はぜひご覧ください。

eTukTukのプレセールをチェックする


Press Released Article

※本記事はプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks