話題のSponge V2とは?Stake-to-Bridgeのシステムで900万ドルの資金調達に成功!

話題のSponge V2とは?Stake-to-Bridgeのシステムで900万ドルの資金調達に成功!

Sponge($SPONGE、スポンジ)は、2023年に大成功を収めた$SPONGEの新しいバージョンとなる$SPONGEV2を発表し、昨年12月にプレセールに代わるStake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)のシステムを開始しました。

この新しいバージョンに期待する投資家は多く、SpongeのStake-to-Bridgeでは900万ドルの資金調達に成功し、注目を集めています。

Spongeのバージョン2とは?

Spongeのバージョン2(V2)とは、従来のSpongeバージョン1(V1)の新しいバージョンのトークンです。

$SPONGEV1は、2023年5月4日にローンチ(発売)しましたが、当初100万ドルだった時価総額が100倍の1億ドルにまで急上昇したことから、市場で大きな話題となりました。

その後も勢いが加速する形で、Uniswapを始め、MEXC(エムイーエックスシー)・Gate.io(ゲートアイオー)・Bitget(ビットゲット)・Poloniex(ポロニエックス)・CoinW(コインダブル)などの大手取引所への上場を果たし、2023年で最も成功を収めたミームコインの1つとなりました。

このような初期の盛り上がりが収まってくると、$SPONGE V1は長い下落相場入りをすることになりますが、$SPONGE V1の大成功に後押しされて、$SPONGE V2のローンチが決定、昨年11月には500%以上の価格上昇を記録し、強気な復活を遂げました。

V2の発表からSpongeコミュニティも拡大を続けており、X(旧Twitter)の公式アカウントでは3万2000人以上のフォロワーが、Sponge V2の今後を見守っています。

$SPONGEV2を獲得する方法

Sponge V2は他のミームコインとは異なり、プレセールではなく、Stake-to-Bridgeというシステムを採用しました。

Stake-to-Bridgeは、V1からV2への移行期間として設けられたシステムで、$SPONGE V1を流通から排除して$SPONGE V2の普及を促進することが目的です。そのため、$SPONGE V2トークンを獲得するには、保有しているV1トークンを新しいスマートコントラクトから、ステーキングする必要があります。

注意点として、プロジェクトは流動性プールへの悪質な攻撃に対処するため、$SPONGE V1の販売を2月5日で終了、$SPONGE V2を早めにローンチとしました。

そのため現在は、Polygon(MATIC、ポリゴン)で、取引所へのリスティング(上場)前に、$SPONGE V2を購入・ステーキングをすることが可能となっています。

$SPONGE V2のステーキング・獲得方法に関する詳細については、Xなどのソーシャルメディアで最新情報が更新されています。

新しいゲーム機能も搭載予定

Sponge V2は、新しいゲーム機能も搭載予定となっており、P2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)を可能としました。

P2Eは、ゲームをプレイすることによって仮想通貨を稼ぐことができるシステムで、GameFi(ゲーミファイ)と呼ばれる仮想通貨におけるゲーム分野は、時価総額が240万ドル以上と大規模な市場になりつつあります。

したがって、このようなポテンシャルの高い分野を機能として取り入れている点も、Sponge V2に対する投資家からの人気が高まっている理由となっています。

Spongeの新しいゲームでは、プレイヤーが他のキャラクター達とレースで競い合い、上位にランクインすると、賞金として$SPONGEV2が与えられます。

このゲームでは、報酬の発生しない無料版と、$SPONGEV2を稼げる有料版が提供される予定となっており、目的に合わせて使い分けることが可能です。

2024年に向けたSpongeの新しいロードマップ

Spongeは、トークンの新しいバージョンのローンチとともに、新しいロードマップも発表しました。新しいロードマップは、全部でステージ3まで設けられており、現在はステージ1が行われています。

ステージ1では、$SPONGEV2の発表や、Stake-to-Bridgeの実施、Spongeのゲームに関するリサーチが行われています。

次の段階となるステージ2では、$SPONGEV2の請求開始や、取引所へのリスティング、ゲーム開発などが行われていきます。

最終段階のステージ3では、Tier1 CEX(大手の中央集権取引所)へのリスティングを始め、ゲームアプリのローンチ、1億ドルの時価総額の達成を目指しています。

また、このようなロードマップの達成に向けて、$SPONGEV2の総供給量の43.09%はステーキング報酬へ、26.93%はStake-to-Bridgeへ、10%はCEX(分散型取引所)での流動性へ、8%はP2E報酬へ、7.5%はマーケティングへ、4.47%はゲーム開発へ分配されています。

インフルエンサーからも期待の声

Spongeは、様々なメディアでも取り上げられており、ソーシャルメディアのインフルエンサーからも期待されています。

有名な仮想通貨ユーチューバーであるClayBroさん(登録者数11万人以上)のチャンネルでは、2024年に大きな成果を上げるミームコインとしてSpongeが紹介されました。

日本のユーチューバーでも、プロトレーダー・ハリーさん(登録者数1万5000人以上)や、マルチインカムサラリーマン蜂野一さん(登録者数1万8000人以上)のチャンネルでも紹介されているので、興味のある方はぜひご覧ください。


$SPONGEV2の公式サイトを見てみる


Press Released Article

※本記事はプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks