りそな銀行がSBI×Ripple(リップル)の「マネータップ」との連携中止を発表
   公開日 : 2019/04/15

りそな銀行がSBI×Ripple(リップル)の「マネータップ」との連携中止を発表

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

りそな銀行がSBI Ripple Asia (エスビーアイ・リップル・アジア)が開発を手がける個人間送金アプリ「Money Tap (マネータップ)」との連携を中止することを発表しました。

連携中止日は5月13日(月)とされており、りそな銀行は現時点ではまだ「サービス対応銀行」としてマネータップの公式ウェブサイトに載っています。連携中止に至った理由は一切公開されていません。

公式声明のスクリーンショット

マネータップはエスビーアイ・リップル・アジアが昨年末に開発を公表した個人間送金アプリで、元々は住友SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の三行がサービスに対応することになっていました。

同アプリはRipple(リップル)社のxCurrentを活用しており、24時間・年中無休で口座間の即時送金を可能にするものです。また、電話番号やQRコードから相手に送金できる機能なども付いています。

記事ソース: りそな銀行

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事