Tether(テザー)が5億USDTを無効化
   公開日 : 2018/10/25

Tether(テザー)が5億USDTを無効化

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

今月15日に価格の急落を起こし騒動となったステーブルコイン・USDTを発行するTether(テザー)が、5億USDT(約5億ドル相当)を無効化し、市場から完全に取り去ったことがわかりました。

Tetherの基盤となるOmni(オムニ)のトランザクションを追跡できるOmni Explorerでは、今月24日に同社のリザーブとなるウォレットアドレスからUSDTの発行元とみられるアドレスに5億USDTが送金されていることが確認できます。

送金されたテザーはただ市場の流通から絶たれただけでなく、送金から40分後には完全に無効化されています。

公式発表によれば、Tetherは約1週間ほどかけてトークンを買い戻し、ホワイトペーパーに準拠した形でUSDTを無効化したとしています。

記事ソース:

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事