トレンドレスな動きを続けるクリプト市場、アルトコインはBTC建てで堅調か
   公開日 : 2019/07/21

トレンドレスな動きを続けるクリプト市場、アルトコインはBTC建てで堅調か

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ビットコインの価格は相変わらず、トレンドレスな動きが続いてます。

7月21日の今朝、$11,000を超えて、上を素直に目指していくかと思いきや、現在では$10,500近辺を推移するような動きとなっております。

ボラティリティは変わらず大きいですが、チャートの上下にヒゲを乱発するなどハイレバレッジプレーヤーのポジションの清算を狙った動きが続いています。

仮にトレードをしている読者の方がいるのであれば、よほど自信のあるポジション以外は持たないよう、ノーポジションを推奨します。

この相場の中で、唯一気になる点を上げるとすると、アルトコインの動きです。何日か前からかアルトコインがBTC建てで上昇する動きが何度か見られています。

そしてBTC建てで上昇したアルトコインの後に、ビットコインがその資金を吸い上げて上昇しています。

つまり、資金の流れが ビットコイン⇔アルトコイン で繰り返しているようにも捉えることができます。

上記に関しては、あくまでもここ何回かの現象であり法則性があるのかはわかりません。しかし、今はビットコインだけを見るのだけではなく、アルトコインの動きを見ているとビットコインの値動きの予想が出来るかもしれません。

引き続きアルトコインのBTC建ての値動きにも注目していきたいです。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事