Uniswap(ユニスワップ)、銀行振込やクレジット/デビットカードに対応
   公開日 : 2022/12/21

Uniswap(ユニスワップ)、銀行振込やクレジット/デビットカードに対応

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

分散型取引所Uniswap(ユニスワップ)でクレジット/デビットカード、銀行振込、Apple/Google Payを利用して仮想通貨の購入が可能となりました。*日本は対象外

対象の160か国以上のユーザーは、Uniswapのウェブアプリから電子決済サービス「MoonPay」を通して仮想通貨の購入が可能に。Ethereum、Polygon、Optimism、Arbitrumの4つのチェーンにおいて低スプレッド/低手数料で、下記7つの通貨の購入が行えます。*地域による制限あり

– 対応通貨 –

  • DAI
  • ETH
  • MATIC
  • USDC
  • USDT
  • WBTC
  • WETH

決済の様子 | 画像引用元:MoonPay

プライバシーに関して、MoonPayは顧客データをUniswap Labsへ共有せず、Uniswap Labsはユーザーのクレジット/デビットカード、銀行情報などの財務データや名前、住所、IPアドレスなどの個人データの収集や保存は行わないとしています。

MoonPay CEOであるIvan Soto-Wright 氏は、次のように述べています。

“「MoonPay は、分散型取引所向けの法定通貨決済サービスのプロバイダーとして選ばれたことを誇りに思っています。アクセシビリティとユーザビリティを DeFi に組み込む方法を一緒に紹介し、Web3 への世界のオンボーディングを容易にします。 – 引用元:MoonPay」”

現時点で、購入した仮想通貨を銀行口座に送り返す機能は実装されておらず、Uniswap Labsは同機能の統合に取り組んでいるとしています。

先月30日、UniswapはNFTのアグリゲーター機能を公開し、OpenSea、X2Y2、Sudoswap、LooksRare等の主要マーケットプレイス上のNFTの取引が可能となりました。

関連:UniswapがNFT取引を開始 | Genieのユーザーにエアドロップも

今年10月にはa16zなどからシリーズBで約240億円を資金調達しているUniswap Labsの今後の動向に注目です。

記事ソース:UniswapMoonPay

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事