【ゼロ知識証明】プライバシー銘柄「zCloak Network」とは?テストネットのやり方も解説
   公開日 : 2022/07/04

【ゼロ知識証明】プライバシー銘柄「zCloak Network」とは?テストネットのやり方も解説

yukiyaCrypto Content Maker

暗号資産・blockChain業界に貢献出来るようコンテンツをつくっています。

ct analysis

先日、プライバシーソリューションを提供するzCloak Networkが、シリーズAでCoinbase VenturesやKucoin Venturesから$5.8Mの資金調達を行ったと発表しました。

zCloak Networkは2022年6月6日に初のプロダクトとなるzkID.appをローンチ。特定の要件を満たしたZK証明を送信することで、記念としてPOAP NFTがエアドロップされます。

本記事では、zCloak Networkの基本的な概要やプロダクト(zkID.app)を触って、POAP NFTのエアドロップを受け取る方法について解説していきます。

zCloak Networkとは

https://zcloak.network/#/

zCloak Networkは、Polkadotベースのプライバシーを保護するコンピューティングプラットフォームです。

2020年に設立されたzCloak Networkは、2020年9月にWeb3 Foundationから助成金を獲得。Polkadot ecosystemのパラチェーンにZKP(ゼロ知識証明) as a Service (ZKPaaS)を提供し、web3のプライバシー保護を行うことをプロジェクトの目的としています。

zk-STARKバーチャルマシンを搭載したzCloak Networkを使用すると、第三者のサーバーにデータを送信せずに、個人データの計算と分析が可能となり、データの漏洩や悪用の防止が可能となります。

zCloakのプロダクト「zkID.app」では、ユーザーはDeFiや認証アプリを使う際にプライバシーを保護するセルフソブリンIDを提供することで、自身のデータを第三者に公開せずに任意のエンティティに対してID属性の証明が可能となります。

ゼロ知識証明によりプライバシーを開示する事なくデータを以下主要チェーンのDapps (Defi、NFT)で使用できます。

  • Polkadot ・Kusamaのパラチェーン
  • Ethereum
  • Polygon
  • Binance Smart Chain
  • Solana

これらのブロックチェーンのDappsは、zCloak Networkに組み込まれているZKPインフラストラクチャを使用することで、プライバシー/スケーラビリティに関連する機能をユーザーに提供できる強みが得られます。

zkID.appを触ってPOAP(Proof of Attendance Protocol)NFTを請求してみよう

https://zkid.app/

zCloak Networkの最初のプロダクトであるzkID.appを触り、データを第三者に公開することなく自分であることを証明し、記念POAP NFTのエアードロップを受け取ってみましょう。

手順は以下の通りです。

========================

  1. Metamaskのウォレットを用意する
  2. Moonbase Alphaのネットワークを追加する
  3. zkID.appとMetamaskを接続する
  4. zCloak ID walletをインストールする
  5. zCloak kingdomを探検する

========================

1.Metamaskのウォレットを用意する

Metamaskのウォレットは下記記事で解説していますので、インストールしていない方は、ご覧になってください。

⇒MetaMask(メタマスク)の使い方まとめ!入出金・トークン追加も超簡単

2.Moonbase Alphaのネットワークを追加する

適切なチェーン&ネットワークIDに接続出来るChainlistを使いMoonbase Alphaのネットワークを追加していきましょう。

「moonbase」と入力して「Add to metamask」をクリックします。

 

 

 

ネットワーク名、URL、チェーンIDを確認して「承認」をクリックします。

 

追加したことを確認します。

3. zkID.appとMetamaskを接続する

zkID.appにアクセスしメタマスクに接続していきます。

この時にネットワークがMoonbase Alphaになっていることを確認してください。

「Get stared」をクリックします。

今回のガイドを行っていく際にガス代として使用するトークン (DEV)がメタマスクに配布されています。

 

4. zCloakID walletをインストールする

Google拡張機能でzCloak ID walletをインストールしましょう。

Google chromeの拡張機能に追加します。

zCloak ID walletは、クレデンシャル (ID)の保存、ZK計算の実行、およびSTARKプルーフの生成に使用されるウォレットになります。

続いてダウンロードしたzCloak ID wlalletを起動し、パスワードを設定するために「NEXT」をクリックします。

パスワードを設定して「creat」をクリックします。

5. zCloak kingdomを探検する

zkID.appの画面に戻りましょう。

画面をリロードすると、「Install」が「NEXT」と表示が切り替わってるのでこちらをクリックしましょう。

クリックすると”zCloak kingdom”というダンジョンの手紙が表示されます。

こちらでは、これからダンジョンを進めていく際に、基本的な情報入力を行い、あなたであることをzCloak ID walletを使用して証明する流れが説明されています。

その証明を検証してあなたである事が正しければ、POAP(Proof of Attendance Protocol)NFTがエアドロップされます。

続いて自分の情報を入力してクレデンシャル(ID)を取得していきます。

入力するのは、

  • 名前
  • クラス(戦士・騎士・司祭・魔法使い)

です。

装備のレア度はランダムで決まるので「Random」をクリックして好きなレア度を決めましょう。

“ロボットではない”にチェックを付けて「Submit」をクリックします。

するとクレデンシャル (ID)がダウンロード出来るようになるので、ダウンロードしてjsonファイルを保管しましょう。

ダウンロード終わったら「Next」をクリックします。

zCloak ID Walletへクレデンシャルをインポートする作業に入りますので、「import  credential 」をクリックします。

「import」をクリックしてjsonファイルをインポートし「confilm」をクリックします。

check the detailsをクリックします。

以下の様にクレデンシャルを請求したことに成功しています。

クレデンシャル情報を取得しましたので「next」をクリックします。

プルーフをzCloak スマとコントラクトに送信するために「generate」を押してプルーフを生成します。

その後パスワードを入力して「confirm」をクリックします。

プルーフをアプリに送信しましょう。

「submit」をクリックして、プルーフをzCloakスマートコントラクトに送信します。

MetaMask Wallet拡張機能でガス料金を確認し、STARKプルーフの検証結果を待ちましょう。

証明が検証されましたので「next」をクリックします。

STARK証明が確認されました。

POAPを取得することができるようになりますので「next」をクリックします。

請求が出来るのでclaim POAPをクリックしましょう。

メタマスクが起動して自分のウォレットに配布されるPOAPのガス料金が表示されますので進めていきましょう。

何秒か待つとPOAPを取得が完了した画面が表示されます。

あまりカッコ良くないキャラクターでしたが、プロダクトを最後まで触った記念NFTとなるので、これで達成です!

お疲れ様でした。

追記)

Project Galaxy × zCloakのコラボが実施中です。

上記の流れでPOAPを請求していれば、あとはTwitterの公式アカウントフォローなど簡単なタスクでキャンペーンに参加できますのでついでにこちらもやっておきましょう。

まとめ

【POAP NFT エアドロ】Web3×ゼロ知識証明のゲートウェイであるzCloak Networkについて、解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

プロダクトを触って請求したPOAPの閲覧や活動内容はダッシュボードでいつでも確認可能です。

そして公式ブログによるとzkID.appのユースケースは今後も増えていくと記載があります。

詳細については、Twitterやディスコードで発信していくことなので是非checkしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 – zCloak Network公式リンク –

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事