米大手取引所Coinbaseが分散型の取引プラットフォームであるParadexを買収
   公開日 : 2018/05/25

米大手取引所Coinbaseが分散型の取引プラットフォームであるParadexを買収

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

この記事の3つのポイント!

  • Coinbaseが分散型取引プラットフォームのParadexを買収
  • ユーザーはウォレットから直接ERC20系のトークンを取引できるようになる
  • アメリカ国内の規制やコンプライアンスに対応でき次第国内向けにサービスを展開

記事ソース:Coinbase Acquires Decentralized Crypto Trading Platform Paradex

現地時間で水曜日に、アメリカ・サンフランシスコを拠点とする大手取引所であるCoinbaseが、分散型の取引プラットフォームであるParadexを買収するとの発表がありました。

Paradexは、ERC20系のトークンをユーザーのウォレットから直接取引できるようにするための分散型のリレーを行うプラットフォームを目指しています。

この買収により、Coinbaseのユーザーは現在対応していた『Bitcoin, Ethereum, Bitcoin Cash, Litecoin』の4種類の取引に加えて、様々な通貨が取引できるようになります。

更に、ParadexがCoinbaseのウォレットと統合されることで、ユーザーは取引ペアの追加だけでなくウォレットからParadexを通して直接取引をすることができるようになります。

CoinbaseのCEOであり共同創設者でもあるBrian Armstrong氏はこれに関して、『分散型のインフラへの投資はアメリカ国外からの顧客獲得に狙いがある』と語ります。

今回のParadex買収の発表はCoinbaseの取引プラットフォームの一つであるGDAXのサービス刷新の渦中で行われました。

彼はまた、アメリカ国内の規制やコンプライアンスに関して『ローンチ当初は国外の顧客向けにサービスを展開していくが、これが透明になればアメリカ国内の顧客に対しても提供することが可能となる。Coinbaseは現在これに向けて動いている』と話しました。

shota
分散型のプラットフォームとの統合で更なる流動性を確保できるようになるかもしれないですね。注目です。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事