Coincheckの本人確認方法・手順を画像付きで徹底解説!
   公開日 : 2020/11/05

Coincheckの本人確認方法・手順を画像付きで徹底解説!

さっちゃん【CRYPTO TIMES公式ライター】

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

Coincheckに口座開設するときには必ず本人確認が行われます。

本人確認とは、利用者の基本情報や身元を確認できる資料を提出して、Coincheckが利用者を正しく特定するための手続きです。

この記事では、Coincheckの本人確認について、具体的な手順や気をつけるべきポイントについて解説しています。

最後まで読めば、Coincheckの本人確認を戸惑わずにクリアすることができますよ。

Coincheckの口座開設手順の概略

コインチェック 口座開設

本人確認は、口座開設の手続きの中で行われます。

まずは、Coincheckの口座開設の手順を確認しておきましょう。

初めてでもわかりやすいように画像付きでまとめています。

Coincheckの口座開設手順

Step1 アカウントの登録

Coincheckの公式ページ上の「新規登録」ボタンをクリックすると、メールアドレスを登録するページが開きます。

Coincheckで今後利用するメールアドレスとパスワードを設定して、「登録する」を選択しましょう。

登録したメールアドレス向けに確認メールが送られてきますので、その中にあるURLをクリックすれば、アカウントの登録は終了です。

これで、Coincheckのサイトにログインできるようになります。

Step2 電話番号の確認

登録したアカウントでCoincheckにログインすると、SMSでの二段階認証に利用する電話番号の登録を求められます。

SMSが利用できる電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックしましょう。

電話番号あてに認証コードが届きますので、それをコード入力画面に入力すれば完了です。

電話番号認証しないと本人確認できない
電話番号認証が完了していないと本人確認には進めないので、必ず認証してくださいね。一度登録すると、以後SMSによる二段階認証の場合はここで登録した番号あてに認証コードが届きます。

Step3 本人確認

電話番号の登録が終了したら次は本人確認です。

本人確認が済むと口座開設は完了となり、入出金や取引が可能になります。

Coincheckの本人確認の方法は以下の2種類あります。

  • スマホアプリから実行する「かんたん本人確認」
  • CoincheckのPC向けWebサイトから行う本人確認

登録する情報は同じですが、手続き後に口座が利用可能になるまでの時間が大きく違います。

「かんたん本人確認」の場合は、審査が完了すればその時点で口座開設完了となります。

これに対してWebサイトからの本人確認の場合は、情報の登録後に審査が行われ、Coincheckからのはがきが届いて口座開設完了です。

はがきのやり取りで日数がかかってしまうので、口座開設を急ぐなら「かんたん本人確認」を使いましょう。

スマホアプリからの「かんたん本人確認」の手順

まず、スマホアプリからの「かんたん本人確認」の手順について解説します。

あらかじめCoincheckのスマホアプリをインストールしておきましょう。

Coincheckの口座管理や取引などの機能がスマホから使えるアプリですので、Coincheckの利用者にはおすすめですよ。

かんたん本人確認の手順

基本情報の登録

Coincheckでの「かんたん本人確認」で最初に行うのは、個人情報の登録です。

複数のページにわたって情報の入力を求められますので、間違えないように入力していきましょう。

内容としては、以下のような情報です。

  • 氏名・生年月日・性別・国籍
  • 居住国および住所に関する情報
  • Coincheck口座の利用目的
  • 仮想通貨の取引経験や動機

すべての入力が終了すると確認画面が表示されます。

確認画面では、外国PEPS(外国での重要な地位にある・あった、あるいはその家族)への該当の有無と、入力内容の確認が問われますので、これに答えて「次へ」をタップすると基本情報の入力は終了です。

本人確認書類のアップロード

基本情報の入力が終了すると、本人確認書類の写真のアップロードを行います。

使用する本人確認書類を選択して、スマホで撮影してアップロードしてくださいね。

書類の撮影とアップロードは3つのステップで行われますが、スマホアプリのナビゲーションに従って実施すればOKです。

Step1 本人確認書類の表面と裏面の撮影

本人確認書類の表・裏を撮影してアップロードします。

書類に記載されている文字や写真が鮮明に読み取れる写真を撮影しましょう。

基本情報として入力した情報が画面上に表示されていますので、本人確認書類の内容と一致しているかどうかを確認してくださいね。

Step2 顔と本人確認書類表面の撮影

次に、自身の顔と、本人確認書類の表面が一緒に写っている写真を撮影してアップロードします。

本人確認書類の文字や写真が隠れないよう、持ち方に気をつけましょう。

また、顔を横に向けたりうなずいたりするようアプリから指示がありますので、それに従ってくださいね。

Step3 顔と本人確認書類の厚みの撮影

最後に、自身の顔と本人確認書類の厚みがわかる写真を撮影してアップロードします。

ここまで本人確認の作業は終了となり、Coincheck側の審査が始まります。

審査が正常終了したメールがCoincheckから届けば完了です。

Webからの本人確認の手順

Webからの本人確認を行う場合には、Coincheckのサイトにログインして「本人確認書類を提出する」をクリックします。

個人の基本情報の入力と本人確認書類のアップロードのページが開きますので、そこから登録へ進んでくださいね。

Webでの本人確認の手順

基本情報の登録

最初は個人の基本的な情報の登録です。

スマホアプリの「かんたん本人確認」と同様の内容となっています。

ここでの入力を間違えるとCoincheckの本人確認が完了しませんので、間違いのないよう入力してくださいね。

本人確認書類のアップロード

基本情報の入力と同じページの下部で、本人確認書類のアップロードを行います。

アップロードするのは以下の内容です。

  • 本人の顔写真と本人確認書類の表面が同時に移っている写真
  • 本人確認書類の表面
  • 本人確認書類の裏面

この3点の写真をアップロードしましょう。

本人確認書類に記載されている文字や写真が鮮明に読み取れる写真を準備してくださいね。

Coincheck側の審査が終了して口座開設完了のはがきが届けば、Coincheckへの入出金や取引が始められますよ。

本人確認で利用可能な書類

Coincheckの本人確認書類として利用可能な書類は決まっています。

以下のいずれかを用意してくださいね。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
    交付年月日が2012年4月1日以降のものが必要です。
  • 運転経歴証明書(表面と裏面)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)

個人番号カードはOKですが、写真のない「通知カード」は使えないので注意が必要です。

健康保険証も使えないので、気を付けてくださいね。

本人確認で失敗しないために気をつけるべきポイントは?

Coinchech 注意点

Coincheckの本人確認の手順について解説しました。

手順そのものは決して難しくはありませんが、正しく情報を登録しないと口座開設が正常にできないことがあります。

そういう事態を避けるために、Coincheckの本人確認で気をつけておくべきポイントをここで解説しておきますね。

Coincheckの本人確認で気をつけること

入力した基本情報に間違いがあると本人確認できない

入力した個人の基本情報に間違いがあると、Coincheckの口座開設の手続きができない場合があります。

特に気をつけるべきなのは、本人確認書類に記載されている内容と入力した情報が違っている場合です。

単純な入力間違いがないかは、よく確認しておきましょう。

住所変更が本人確認書類に反映されているかを確認しよう

住所が変わっているのに本人確認書類に反映されていない場合は、入力した基本情報と本人確認書類の内容が違ってしまいます。

そういう場合は、住所変更が反映されている本人確認書類を使用しましょう。

住所変更が反映された本人確認書類がない場合は、本人確認書類の記載住所を変更してからCoincheckの口座開設を再開します。

わざと旧住所の入力は絶対にしない
旧住所が記載された本人確認書類に合わせて、入力するのも旧住所にすることは決して行わないでくださいね。Webの場合はハガキが届かなくなりますし、今後の利用するうえで不都合にもなります。

本人確認書類の写真は鮮明なものを使おう

本人確認書類の写真は鮮明なものを使いましょう。

記載されている文字や顔写真が不鮮明だと、Coincheckの口座が開設できないことがあります。

また、自分と本人確認書類を同時にうつした写真の場合、本人確認書類の記載の一部が指で隠れることもありますので、気をつけましょう。

まとめ

この記事では、Coincheckの本人確認について、手順と気をつけるべきポイントについて解説しました。

これまで多くの仮想通貨取引所の本人確認は、取引所から口座開設完了のはがきを待つ必要があり、口座開設までに時間もかかっていました。

Coincheckは、「かんたん本人確認」によりスマホからの手軽な本人確認実行を実現し、さらに口座開設までの時間を短縮して、口座開設完了までのハードルを大幅に下げています。

まだCoincheckに口座を持っていない方は、本人確認が簡単なCoincheckの開設をぜひ検討してみてくださいね。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事