PoSブロックチェーンConcordiumに参加する方法、ベーカー(ブロック生成者)になる方法
   公開日 : 2021/01/12

PoSブロックチェーンConcordiumに参加する方法、ベーカー(ブロック生成者)になる方法

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

ct analysis

Concordium はパーミッションレス・プロジェクトとして、ネットワークの安全性確保のためにコミュニティへノードとして参加することを求めます。それにより、コミュニティは報酬を得ることができます。

この記事では、Concordiumネットワークの中核となる概念と重要な特徴と、それに付随するメカニズムと報酬の仕組みを説明します。

PoS

Concordiumは Proof-of-Stake レイヤー1のブロックチェーンで、二層のコンセンサスアプローチを採用しており、プロセスの最終確定の部分を独立したサービスに変えることができます。

このようにしてプロトコルを設計したことで、必要なセキュリティを確保し、ブロックを確定する際には適切な速度を実現しています。参加者は、ブロックを検証し、最終確定するように要求されます。

この努力に対して、参加者はGTUと呼ばれるConcordiumのネイティブトークンで報酬を受け取る権利があります。

まとめると、ネットワークには3つの役割が定義されています:

  • ベーカー
  • ファイナライザー
  • デリゲーター(メインネットでは提供しない)

ベーカーは、ブロックの生成とコンセンサスの実行により、ネットワークを維持する責任があります。ファイナライザーは、ブロックの最終確定とネットワークの安全性確保に責任を負います。デリゲーターは、後述するようにGTUを委任することでベーカーをバックアップします。

参加者と役割

参加するためには、ノード実行者は潜在的なベーカーになるために1GTUをステークする必要があり、以下で説明するように、全GTUの0.1%を保有していれば、ファイナライザーとなります。

以下の実体は、メインネットローンチ時のトークノミクス・システムに含まれています:

利用者はアカウント (B) を所有し、ブロックチェーン上で取引を実行し、トランザクション手数料を支払います。

Concordium財団は、トークノミクス・システムの全体的な管理と責任を負っています。Concordium財団は、アカウント(A)で、新規マイニング(3)とトランザクション手数料(1)の10%に相当する開発費を受け取ります。

ベーカーは、新しいブロックを作成します。所定のスロットに次のブロックを作成する権利は、抽選により各ベーカーに割り当てられます。各ベーカーがベーカーのバリデーターアカウント(G)にステークしたGTU量(すなわち、期間ごとにロックアップされた量)によって当選確率が決定されます。

自分のアカウント(G)に一定以上のGTUを保有しているベーカー(初期設定では全GTUの0.1%に設定されている)は、ブロックの確定を担当するファイナライザーにも自動的になります。

報酬メカニズム

報酬の仕組みは、2つの活動から生まれます:

利用者によるトランザクション手数料(1)と(2)の2つ。

ミンティング・プロセスから作られたばかりのGTU(3)、(4)、(5)。

トランザクション手数料からのベーキング報酬

Concordiumのユーザーは、トランザクションを行うたびにトランザクション手数料(GASとも呼ばれます)を支払います。トランザクションの複雑さによって手数料が決定されます。手数料はGTUで支払われます。

トランザクションのコストはユーロベースで安定するように設計されているため、企業や他のユーザーはブロックチェーント・ランザクションのコストを予測して計画することができます。

Concordiumの目標は、トランザクション量に応じて0,010ユーロからと低いトランザクション手数料を設定することで、企業がプラットフォームを利用する際のコスト競争力を高めることです。

すべてのGASは、ベーカー(8)に報酬として支払われるまでの間、保持されます。GAS(2)の90%はGASアカウント(F)に支払われます。残りの10%のGASは、開発費の一部として財団(A)に支払われ(1)、財団が運営資金を調達し、ブロックチェーンの普及と更なる発展を可能にしています。

ミンティングからのベイキング&最終確定報酬

新しい検証済みブロックごとに、新しいGTUが生成されます。新たに造られたGTUは、以下のように分配されます:

10%(3)をコンコルディウム財団(A)に支払います

60%(4)を検証報酬アカウント(D)に支払います

30%(5)を最終確定報酬アカウント(E)に支払いします

2つの報酬アカウント(Dと(E)に支払われたGTUは、検証報酬(6)または最終確定報酬(7)としてベーカー(G)に支払われるまで保持されます。

ベーキング報酬は、前回の報酬支払い以降に各ベーカーが作成したブロックの数に基づいてベーカー間で配分されます。最終確定報酬は、ファイナライザーでもある全てのベーカーに分配されます。最終確定報酬は、それぞれがステークしたGTUの数に基づいて分配され、最終確定証明がブロックに追加された時点で分配されます。

ベーカーは、自分の報酬を自動的にステーク合計に追加させるか、ステーク合計に報酬を追加しないかを選択することができ、アカウントから自由に報酬を送金することができます。ベーカーがアクティブの場合、ステークされたGTU量はアカウントにロックされており、移動することはできません。

委任

Concordiumのネットワークが成長し安全性が確保された後、意欲的な委任プログラムが開始されます。このプログラムにより、GTU保有者はGTUをグローバルプールに委譲することが可能になります。

オフチェーンおよびレイヤー2委任ツールは、メインネット開始から始まります。

スラッシング

ここでは、Concordiumチェーンの'スラッシング'について説明します。ここでいうスラッシングとは、ベーカーやファイナライザーが望ましくない行動を取らないようにするための一連の措置のことです。

Concordiumは、以下のような行為を望ましくないものとみなし、その行為は罰せられます:

  • 二重署名:スロットでブロック抽選に当選したベーカーは、同じスロットで複数のブロックを公開すること。ベーカーは公開されたブロックに署名することに注意してください。
  • 無効なトランザクション:ベーカーが無効なトランザクションを含むブロックを公開すること。
  • 一貫性のない最終確定メッセージ:Afgjort の最終確定プロトコルでは、ファイナライザーはすべてのメッセージをマルチキャストします、すなわち、すべてのパーティに同じメッセージを送信しなければなりません。ファイナライザーは、異なるメッセージを送信する場合には不正な動作をしています。
  • 2つの最終確定されたブロックに署名すること。これは、一貫性のない最終確定メッセージの特殊なケースです。

Concoridumはどうやってこれらの行動を検知するか?

どのノードも二重署名を検出することができます。ノードが二重署名のインスタンスを検出した場合、そのノードは、同じスロット内の2つのブロックを指し示して、告発の特別なトランザクションを送信することができます。ブロック上の署名は、不正な動作をするベーカーを識別します。

無効なトランザクションを含むブロックが目撃者として機能します。そのようなブロックを検出したノードは、チェーン上でそれを報告することができる。ブロック上の署名は不正なベーカーを識別します。

ファイナライザが一貫性のない最終確定メッセージに気づいた場合、そのファイナライザー(上記のベーカーと同様)は両方のメッセージを含む特別なトランザク ションを送信することができます。これらのメッセージは不正な動作をするファイナライザーによって署名されているので、これは公によって検証することができます。

望ましくない行動にどう対応するか?

さまざまな対応が考えられます。ソフトウェアのバグなどで正直なユーザーを罰することを避けるために、軽い罰が適用されます。もし、ベーカー/ファイナライザーの望ましくない行為が見つかった場合、その当事者は24時間から168時間の間、深刻さに応じて、ベイキングや最終確定を停止させられます。

パーティは望ましくない行為を発見しても報酬を得ることはできません。これにより、不正なパーティがそのような行為を意図的に実行し、自分たち(または共謀しているパーティ)を非難して報酬を集めることを防ぐことができます。Concordiumノードは、報告として行動できます。

トークン量とパラメータ

ローンチ時には、10,000,000,000のGTUでジェネシスブロックが設立します。新しいGTUのマイニングが行われるため、時間の経過とともに存在するGTUの総数は増加していきます。GTUのマイニングはトランザクション数の増加に伴って減少するように設定されています。

成長率は、最初は10%で、トランザクション数が一貫して1.7TPSを超えると6%に減少し、4.2TPSで5%、10.4TPSで4%、16.7TPSで3%、33.3TPSで2%となります。

ベーカーになるためには、ノード実行者は多くは2エポック待つ必要があります。また、ベーカーをやめるためには、ノード実行者は7日間待ってステークのロックを解除する必要があります。

Concordiumベイカーになるための最初のステークを手に入れるには?

2021年第2四半期に設定されたConcordiumメインネットローンチまでは、GTUの"獲得 "とメインネットへの参加は、Concordium インセンティブ・テストネットに参加するしかありません。

2020年10月に開始されたテストネット3では、ノード実行者やテスターに配布するGTUは、最大1000万まで用意されました。2000件以上の提出があり、Concordiumの大勢のコミュニティがテストネット3に参加しました。

Concordiumは2021年1月20日に4つ目で最後のテストネットを開始し、ミッションをクリアするテスターに配布されるGTUは最大1,500万となります。

参加詳細については、近日中に公式発表を行います。Concordium財団は、投資のプライベートラウンドを実施しています。ブロックを検証するための最初のステークを取得することで、プロジェクトに"投資"することを希望するプロのノード実行者を歓迎します。

このプライベートラウンドの詳細については [email protected] までご連絡ください。

公式 Discord 開発者コミュニティ日本語 https://discord.gg/md7ebQr8
公式 Twitter 日本コミュニティhttps://twitter.com/Concordium_JP

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事