クリプトスペルズ(クリスペ)が初の公式大会を実施、2019年Q4のロードマップも公開
2019/10/07

クリプトスペルズ(クリスペ)が初の公式大会を実施、2019年Q4のロードマップも公開

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

クリプトスペルズが2019年10月6日に初の公式大会を行い、無事に大会が終了しました。

今大会の優勝賞品には白のシルバーカードの発行権NFTとなっており、実に参加者は100名を超え、非常に盛り上がったようです。

https://twitter.com/crypto_spells/status/1180809558354083840?s=20

また、公式大会の合間には 2019年4Qステークホルダー総会と称して、今後の開発計画を含むロードマップが公開されました。

クリスペMediumより

クリスペは正式リリースより約3ヶ月経った現在、ユーザー数は12,000人を超えるゲームにまで成長しました。

今回のステークホルダー総会内で、クリスペのQ4は運営主体のゲームから、皆で創るTCGというコンセプトのもと運用が行われ、大型アップデートはもちろんのこと、パラメータ投票制β、ギルド機能を実装予定と発表しています。

今後の大幅アップデートや皆で創るTCGの詳しい内容は、公式Mediumを参照ください。

記事ソース : Medium − クリスペ

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事