フランスで8億円相当の不動産物件がイーサリアムブロックチェーンを用いて取引される
   公開日 : 2019/07/03

フランスで8億円相当の不動産物件がイーサリアムブロックチェーンを用いて取引される

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

フランス・パリで、650万ユーロ(8億円相当)の高級不動産物件トークナイズドアセットとして初めて取引されました。

AnnA Villaと呼ばれる同物件はフランスの不動産会社であるSapeb ImmobilierとValorcimに販売され、2社は物件の所有権を合資企業SAPEB AnnAに譲渡しました。

その後、フランスのブロックチェーン投資プラットフォームであるEquisafeがその権利をイーサリアム上でトークン100枚に分割し、2社に再分配しました。

各トークンはさらに100,000ユニットにまで細分化できるため、理論上では6.50ユーロ(800円相当)から物件の所有権を取引できることになります。

所有権の細分化(フラクショナル・オーナーシップ)は、不動産やアート、コレクタブルなどのトークナイズドアセットや、株式や債権などのセキュリティトークンがもたらすメリットのひとつとして近年大きな注目を浴びています。

記事ソース: Forbes

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事