メッセンジャーアプリのKik、ICOをめぐる問題で事業廃止か
   公開日 : 2019/09/24

メッセンジャーアプリのKik、ICOをめぐる問題で事業廃止か

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

イスラエルのメディア「CTech」は23日、米証券取引委員会(SEC)と議論の渦中にある「Kik」がメッセンジャーアプリ事業を廃止し、別のプラットフォームに移行すると報道しました。

関係者が匿名にCTechに伝えたとされている情報では、Kikの暗号資産関連事業を展開する「Kin」の従業員70名ほどが今週月曜日に解雇通知を受け取ったといいます。

同氏は、Kikはメッセンジャーアプリのユーザーを別のプラットフォームに移す予定で、今回解雇されたKinの従業員の一部にはその新プロジェクトでのポジションをオファーされている者もいると話しています。

2009年に設立されたKikは、2017年にICOを行い980万ドルを調達しました。しかし、同社は以降SECから証券法違反で起訴されました。

(↓KikとSECについてもっと詳しく↓)
米SECのKik訴訟問題、多くのICOプロジェクトに不安 – CRYPTO TIMES

記事ソース: CTech

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事