Ripple(リップル)、CMCのデータ信憑性問題を受け四半期統計などの計算方法を再検討へ
   公開日 : 2019/06/10

Ripple(リップル)、CMCのデータ信憑性問題を受け四半期統計などの計算方法を再検討へ

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

ct analysis

暗号資産XRPを基軸としたプロダクトを展開するRipple(リップル)が、CoinMarketCap(CMC)のデータ不確実性問題を受け四半期報告書に載せるXRPボリュームや売り上げの計算方法を見直すことを発表しました。

今年3月、暗号資産マネジメント業者のBitwise(ビットワイズ)がCoinMarketCapに掲載されているビットコイン(BTC)取引ボリュームのうち、最大95%がボットなどを利用したかさ増し取引によるものであるとする調査を発表しました。

この調査では、CoinMarketCapにデータを提供している多くの取引所が同量の売り・買い注文を行うことで非経済的な取引数を増やしていることが明らかになり、同サイトの信憑性を揺るがすこととなりました。

CoinMarketCapはこれを受け、各取引所に取引のライブデータを提供するよう要求し、問題のある取引所をデータベースから除外するなどの対処をとりました。

リップルはパートナーとの協力のもと、信憑性のあるマーケットデータを元にしたボリュームの報告などに向けて動いているといいます。

同社の推定によれば、19年第2四半期の売り上げはCoinMarketCapのデータの不確実性を加味した上で前期に比べ格段と低いものになるといいます。

記事ソース: Ripple

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事