グルメSNS「シンクロライフ」が東急プラザ銀座のレストラン21店舗で実証実験キャンペーンを実施!食事代金3%分の暗号通貨が必ずもらえる
2018/09/19

グルメSNS「シンクロライフ」が東急プラザ銀座のレストラン21店舗で実証実験キャンペーンを実施!食事代金3%分の暗号通貨が必ずもらえる

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

AI×トークンエコノミーを用いた全く新しいグルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)を運営する株式会社GINKAN (本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:神谷知愛、以下GINKAN)は、東急プラザ銀座(住所:東京都中央区銀座)のレストラン21店舗での実証実験キャンペーンを2018年9月21日(金)に開始致します。キャンペーン期間は1ヶ月間となります。シンクロライフアプリで会員登録を行い、対象店舗で美味しい食事して会計時にQRコード承認をすることでお食事代金の3%分にあたるシンクロコイン(暗号通貨)をもれなく受け取ることができます。
また東急プラザ銀座グルメの”美味しい写真”の投稿を、シンクロライフアプリ内で競い合う”グルメフォトコンテスト”も同時に実施し、優勝者には東急プラザ銀座“食事券・お買い物券”5万円分やシンクロコイン5万円分などを贈呈致します。

キャンペーンWEBサイト

実証実験キャンペーン概要

【キャンペーンWEBサイト】:https://campaign.synchrolife.io/
【実施場所】:東急プラザ銀座 10F、11Fのレストラン21店舗
【地図】https://goo.gl/maps/5B7zyYxniQq

【実施期間】:2018年9月21日(金)〜2018年10月20日(土)
【参加条件】:シンクロライフで会員登録及び、synchrolife.jpから受信可能なメールアドレス登録
【特典】:対象店舗での飲食代金3%分のシンクロコイン(暗号通貨)がもれなくもらえます。

【グルメフォトコンテスト】

■コンテスト概要
期間中に対象店舗でシンクロライフに投稿された写真の中で最も”美味しい写真”を競い合うコンテストです。
■参加方法
対象店舗での写真をシンクロライフへ投稿
■受賞賞品
・東急プラザ銀座賞:東急プラザ銀座“食事券・お買い物券” 5万円分×2名
・渋谷のラジオ賞:グルメカタログギフト 5万円分×2名
・シンクロライフ賞:シンクロコイン(暗号通貨) 5万円分×2名
・ノミネート:シンクロコイン(暗号通貨) 1万円分×20名

【注意事項】
※シンクロコインの還元は1日2回までとなります。
※グルメフォトコンテストは1日2回投稿まで参加可能となります。

※リワード還元はユーザーの任意のタイミングでシンクロコインへ交換可能(1:1)なポイントとして付与されます。
※還元される3%分のシンクロコイン数量は、配布時の市場価格を基準に付与されます。

シンクロライフとは

シンクロライフはハズレなしのレストラン開拓ができるグルメSNSです。SNS型ならではの”良質な体験のレビュー”をベースとした良質なレストランデータベースを持ちます。また各ユーザーごとのレストランの好みなどを学習しさらにパーソナライズし、さらに美味しいお店にだけに最適化する新しい体験を提供しております。また2018年8月2日に、”良質なレビューへのトークン報酬”をテーマとした、世界初となるグルメSNSにブロックチェーン技術を活用したトークンエコノミー型の新バージョンのリリースをいたしました。

【シンクロライフダウンロードURL】
(iPhone)https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
※推奨環境:iPhone 5 以上、iOS 9 以上
(Android)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
※推奨環境:Android 6.0以上

実証実験についての詳細

飲食業界での飲食代金をベースとした完全成功報酬型での送客はめずらしく、これまでは決済システムの利用や専用端末など、導入コストなどの課題を抱えていました。今回、レストラン側は加盟店WEBアプリを自前のスマートフォン、タブレット、PCで利用することができ、QRコード承認を活用することで、支払い金額と連動した完全成功報酬型モデルを導入コスト0で実現することが可能となります。またユーザーへ飲食代金からシンクロコインを還元することで、支払い金額を双方で確認・承認することが可能となります。これにより、レストランは売上に応じて広告費を支払うことになり、リスクなく新規集客を行うことができます。さらにレストランでの良い体験を投稿するSNS型サービスの特徴を生かした、来店だけではなくSNS上での“拡散”までの効果を狙うマーケティング実施が可能となります。

また、シンクロライフはユーザーが支払った飲食代金の3%分にあたるシンクロコインを暗号通貨取引所LATOKEN(https://latoken.com/)で時価レートで購入しユーザーへ付与します。これによりシンクロライフユーザーが加盟店レストランへ来店すればするほど、市場でのシンクロコインの買い需要を常に創出することができ、トークンエコノミー型のビジネスモデルが実現します。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事