Ethereum、大型アップグレード「ベルリン」が無事に完了
   公開日 : 2021/04/16

Ethereum、大型アップグレード「ベルリン」が無事に完了

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

ct analysis

Ethereumの大型アップグレードである「ベルリン」が4月15日に完了しました。1月時点で大型アップデートであるBerlinの改善案をGithub上に公開していました。

大型アップグレードであるベルリン直後は、一部のノードが同期できないなどの事象がありましたが、この問題も既に解決しています。

今回のベルリンのアップグレードでは、もともと改善案として、提案されていた以下の4つがアップデートとなりました。

  • EIP-2565:モジュロ演算で消費するガスコストを削減
  • EIP-2929:特定のオペコードにおけるガスコストの引き上げ
  • EIP-2718:新たなトランザクションタイプを導入して、複数のトランザクションタイプをより容易にサポートをする機能追加
  • EIP-2930:アクセスリストを含むトランザクションタイプの追加

次回アップグレードである「ロンドン」アップグレードでは、2021年7月頃にハードフォークが実施予定となっています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事