2023年のベストブロックチェーンプロジェクトの投資銘柄
   公開日 : 2022/11/07

2023年のベストブロックチェーンプロジェクトの投資銘柄

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

今回の記事では、投資家が注目すべき2023年に開催するベストなブロックチェーンプロジェクトについて紹介します。新たなスタートアップ企業が市場に出る際に、資金調達のために独自の仮想通貨を発行し、トークンのプレセールを行います。そこで、安定した仮想通貨を使ったプロジェクトの自社トークンを購入できる仕組みになっています。こうした資金調達の方法には国に代表される外部規制機関が存在しないため、評判に頼らざるを得ないのです。

このトークンプレセールには主に2つの目標があります。まず、プロジェクト(プログラマー、マーケティング、マネージャーの仕事)の資金調達です。次に、スタートアップのプロモーションという目標も達成できます。このようなイベントは暗号コミュニティ全体の注目を集めるので、新しいアイデアや開発プロジェクトは常に関心を引き、プロジェクトの周りにコミュニティが形成されるのです。

2023年に開催するベストブロックチェーンプロジェクトの投資銘柄は下記の通りです。

  1. BlaBlaGame(BLAトークン) HA-256 保護を備えたジャンケンのクリプトゲーム、 https://blablagame.io/
  2. Web3Metaverse(ウェブ3メタバース)
  3. CNX Network
  4. メタバース

プレセールの独自トークンとは

プレセールで使用される独自トークンというは、企業が投資家に固定価格で提供するデジタル資産のことです。トークンを発行するためには、専用プラットフォーム、つまり基となるブロックチェーンが必要です。

その中で最も人気があるのは、イーサリアム、Waves、NEM、EOSで、それぞれに自分の利点や利便性があります。例えば、イーサリアムは500万人という最大の使用者人数、Wavesはトークン発行枚数の割合の高さなどです。

そもそもどうして独自トークンへの投資に注目すべきなのか?

プロジェクトが発行した独自トークンを購入することで、投資家は通常次のことを期待します。

• 将来、高くなった価格でトークンを転売し、利益獲得。
• 将来、プロジェクト内でトークンを使用し、低価格でのサービス利用。
• 自分にとって興味深いプロジェクトをサポート

どんな目標を目指し投資するかにかかわらず、「自分が失ってもいい金額以上の投資はしない」というのは常に覚えておかなければならない最も重要なルールです。仮想通貨市場は非常に不安定なので、保有資産の価値が急落するリスクがいつもあるからです。

2023年に注目すべきブロックチェーンプロジェクト銘柄

投資家にとって、最高のプロジェクトを見つけるのは簡単ではないこともあります。ここでは、あなたが検討すべき2023年の5つのプロジェクトについて紹介します。

1. BlaBlaGame

2023年、世界初の仮想通貨を使ったじゃんけんゲームは、当社の評価でトップとなりました。ゲームの開発者は革新的なブロックチェーン技術を使用しています。すべてのじゃんけんゲームは、ゲーム内のオブジェクトが侵害されないことを保証するSHA-256アルゴリズムで保護されています。本物のユーザーしか味わえない真の遊びです。

チームはイーサリアムネットワーク上で発行した独自のBLAトークンを用意しています。現在、BlaBlaGame.ioでじゃんけんゲームをプレイするには、そのBLAトークンとTether USD(USDT)のみが使用可能です。

BlaBlaGameには10レベルのレーティングシステムがあり、各レベルは、一定のBLAトークンの購入枚数と勝利したジャンケンゲームという条件で突破できます。また、レベルが上がれば、ゲームで勝利する際にもらえる報酬が高くなるほか、ユーザーが招待した人でゲームに勝利した場合、マルチレベル紹介システムによる高い紹介報酬、トークンセールによる上級紹介報酬などが獲得できます。
BlaBlaGameは、現在仮想通貨市場で人気を集めているグローバルなGameFi産業の一翼を担っています。このプロジェクトは、初期段階から参加する価値があると判断しました。
:https://blablagame.io/buy-bla-tokens

2. Web3Metaverse

もう一つのプロジェクトは、Web3Metaverseです。それは、新しい種類の支払エコシステムを持つ革新的なゲーム・メタバースネットワークを提供します。プロジェクトチームは、許可のいらない分散型ネットワークでVRゲームに参加する人のために、WMTが世界的に提供する金融的自由と解放をしっかりと支持しています。これは、政府や金融機関から疎外されないように人々に力を与えるものです。もしWMTプラットフォームの通路を使おうとしているならば、web3メタバースブロックチェーンに怪しいものが隠されていないことを確認する必要があります。

Web3に関連する仮想通貨は、計算、バンド幅通信、ストレージ、承認やホスティングサービスなど、以前はクラウドプロバイダーが提供していたさまざまなサービスを提供することがあります。仮想通貨とWeb3の急成長に伴い、開発者は両技術をよりスケーラブルで安全かつ効率的にするために、あらゆる改善に取り組んでいます。Web3は、分散化と平等なアクセスという基本原則を共有している仮想通貨と一緒に語られることが多いのです。

3. CNX Network

注目に値するもう一つのブロックチェーンプロジェクトは、CNX Networkです。世界初の持続可能なブロックチェーン技術ネットワークで、独自のブロックチェーンと通貨で動作する、日常生活で使用される暗号化され相互接続された同じインターフェースのアプリケーションを提供します。CNXは、CNXネットワークに接続されるプラットフォームを構築しています。プロジェクト開始時に、7つのコアなアプリケーションの範囲と、100ものアプリケーションに越えてネットワークの拡大の可能性をユーザーに提供します。

CNXネットワークは、最も広く利用される分散型決済システムの1つになることを目指し、ユーザーフレンドリーなアプリケーション開発とグローバルな取引コミュニティ構築に取り組んでいます。

4. Metaverse

そして最後、Metaverseについても紹介せずにはいられないでしょう。メタバースとは、仮想的に拡張された物理的現実と物理的に持続する仮想空間の融合によって生み出される集合的な仮想共有空間で、すべての仮想世界、拡張現実、インターネットの総和を含めています。

世界初のブロックチェーンベースの高性能技術開発プラットフォームであるMSYS VR boxは、ブロックチェーンと従来の技術の両方の業界専門家の経験を活用し、優れたブロックチェーンソフトウェア体験を構築しています。

MetaSystem Tokenはまた、複数のソーシャルチャネルで積極的に関与するブロックチェーンで最大のコミュニティを誇っています。

MSYSチームは、Binance Smart-Chainと密接に連携し、BSCの急速に成長するMSYSエコシステムが提供するすべての機会を活用する予定です。このようなユーザーにMSYSを紹介することで、暗号通貨を活用する新たな機会を与え、ブロックチェーン愛好家からコミュニティの永久的なメンバーへと変えていくことが最も信頼できることだと思います。

まとめ

トークンのプレセール段階に行われる投資は、すでに上場している仮想通貨と比較して、メリットとデメリットの両方を持っています。したがって、出来るだけ早い段階にプレセールで新しいプロジェクトに投資する人は、価値の急上昇を期待できるでしょう。上記の5つのプロジェクトを厳密に調査した上で、2023年のベストブロックチェーンプロジェクトの第一位は、ジャンケン仮想通貨ゲームのBlaBlaGameと高度なSHA-256ゲーム保護を提供するBLAトークンになります。


Press Released Article

※本記事はプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事