「進撃の巨人」のアートワーク所有権をトークンとして取引できる日本発サービス「Anique」が登場
   公開日 : 2019/05/08

「進撃の巨人」のアートワーク所有権をトークンとして取引できる日本発サービス「Anique」が登場

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

アニメやマンガ、ゲームなどのアートワークのデジタル所有権を取引できる日本発のサービス「Anique(アニーク)」が本日5月8日にローンチされました。

Aniqueは、各アートワークの所有権を非代替型トークン(NFT)と結びつけ、ブロックチェーン上で管理・取引できるサービスを展開しています。

トークンの保有者は作品のオーナーとしてその所有履歴をブロックチェーン上に半永久的に記録できるほか、トークンと紐付くアートワークのセル画を実際に購入・所有することもできます。

また、アニークは売買金額の一部をクリエイターに還元することで「創り手の新しい収入源」を創出していくことも目指しています。

今回のローンチのサービス第一弾として、人気アニメ「進撃の巨人」のアートワーク26点のデジタル所有権の抽選販売を5月8日から開始します。

進撃の巨人は海外のファンも圧倒的に多く、大型IPとのコラボということで非常に大きな注目が集まります。

今回のデジタル所有権の抽選の申し込みはキャンペーンページから行うことができ、受付期間は5月8日午前10時から5月20日正午までとなっています。

アートワークは所有権のみで10000円、額装セル画付きで60000円で販売されます。

Aniqueは日本のコンテンツ流通力の向上を推進するとともに、すでに放送や販売が終了した作品のアートワークも取り扱うことで「眠っている資産」も掘り起こしていくこと発表しています。

ブロックチェーンのトークン規格の中には、アート不動産コレクタブルなど実在する資産の所有権を「トークン化」して管理できる機能を持つものが存在します。

これらのトークンはそれぞれ固有の資産と結びつき異なる価値を帯びるため「非代替型トークン(NFT: Non-Fungible Token)」と呼ばれています。

「トークン化」された資産はブロックチェーン上でその所有権を細分化管理できるため、資産の流動性とトレーダビリティを向上できる技術として現在注目されています。

CRYPTO TIMESでは今回の取り組みに対して、Aniqueチームへ近日取材を行う予定です。

記事ソース : Anique

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事