米アリゾナ州「仮想通貨納税法案」下院で修正される
   公開日 : 2018/05/04

米アリゾナ州「仮想通貨納税法案」下院で修正される

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

市民に仮想通貨での納税を認める「上院法案1091」が米アリゾナ州で通過するも、のちに下院議会で修正されたことが、今月2日に公表された公式記録から明らかになりました。

今年2月18日に上院を通過した同法案は、アリゾナ州に納める税金の支払手段として仮想通貨の使用を認め、支払われた仮想通貨は決済後24時間以内にフィアットに換金されるというものでした。

しかし、今回の下院修正案では、税務当局に仮想通貨ではなく他の納税手段を設けることを検討するように求めています。

「当局は、納税者が所得税をビットコインやライトコイン、およびその他のP2Pを使用した仮想通貨で支払うことができるか検討する。」

と漠然と書かれた今回の修正案ですが、このような検討がいつ始まるのかどのくらい時間がかかるのか、また、具体的な手数料やコストなどについては一切言及されていません

ワイオミング、ジョージア、イリノイ州などでも仮想通貨やブロックチェーンに関連した上院議案が出ており、米国では段々と仮想通貨の実用化が進んできているといえます。

参考記事: Now taxes can be paid using cryptocurrency – Arizona passes a new Senate Bill

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事