リップル(Ripple)「銀行がxRapid採用に躊躇する理由は規制の不透明さにあり」
2018/12/20

リップル(Ripple)「銀行がxRapid採用に躊躇する理由は規制の不透明さにあり」

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

ブロックチェーンを基盤とした国際送金サービスを展開するリップル(Ripple)が、自社プロダクト「xRapid」が未だ銀行に採用されていない理由を明かしました。

14日にドイツで開催されたイベント「ユーロ・ファイナンス・テック」にて、リップルのMarjan Delatinne氏は、次のように述べています。

銀行が未だxrapidを採用していない理由は、みなさんもご存知の通り、銀行側の暗号資産の取り扱いに対する規制の枠組みが不透明であるからです。

xRapidは、10月の商用リリースから決済サービスプロバイダーであるMercuryFXCuallixFederal Corporate Unionの三社で利用されています。

Delatinne氏は、このような銀行以外の金融サービスは考慮すべき規制が比較的少ないため、xRapidの導入も早期に行うことができるといいます。

xRapidは、国境をまたいだ銀行同士の送金を円滑化するプロダクトで、他国通貨の備蓄を保有する手間を省くことで送金にかかる時間やコストを削減することができる仕組みになっています。

同プロダクトでは、各銀行がXRPのウォレットを保有し、送金元の通貨をXRPに変換受取側に送金受取側が自国通貨に再変換する、というプロセスで円滑な国際送金を実現しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事