バイナンスブリッジがハッキング | BSCチェーン緊急停止
   公開日 : 2022/10/07

バイナンスブリッジがハッキング | BSCチェーン緊急停止

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

バイナンスのブリッジがハッキング攻撃を受け、BSC(バイナンススマートチェーン)が緊急停止されました。

攻撃を受けた「BSC Token Hub」はBNBビーコンチェーン(BEP2)とBNBチェーン(BEP20,BSC)間のクロスチェーンブリッジです。

Web3投資会社Paradigmのsamczsun氏によると犯人は10月7日未明、上記ブリッジに対して、ブロック#110217401の証明を偽造し、100万BNBを2回に渡り送るよう仕向け約200万BNB(約830億円)を盗み出しました。

ハッキング発覚後、バイナンスはすべてのバリデータにBSCを一時停止するよう依頼。被害の初期見積もりは1億ドル~1.1億ドルであったのに対し、コミュニティと社内外のセキュリティパートナーによって現在推定700万ドルが凍結されているとしています。

BSCでは、PoSA(プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ)と呼ばれる承認の仕組みが採用されており、これはPoA(プルーフ・オブ・オーソリティ)とDPoS(デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)が組み合わさった方式です。

PoSAのBSCでは、10,000BNB以上のステーキングを行いノードを運営し、選出された21名のバリデーターが交代でブロックが生成されており、その報酬としてBNBのトランザクション手数料を受け取る仕組みとなっています。

今回のハッキングに関して、今後、BinanceやCEOからの続報に注目です。

記事ソース:Twitter、RedditBinance Academy

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事