Binance(バイナンス)のCEOであるCZ氏がAMAライブストリーミングにてハッキング被害について言及
2019/05/08

Binance(バイナンス)のCEOであるCZ氏がAMAライブストリーミングにてハッキング被害について言及

Shota【CRYPTO TIMES 公式ライター】

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTImesでは、仮想通貨に関するニュース他、海外のニッチな情報などを紹介していきます。Ethereumのレイヤー2の技術などに興味があります。

Binanceが、ハッキングを受け約7000BTC(44億円相当)が不正に引き出されたことを発表しました。

今回、Binanceをハックしたハッカーは、APIキーなどを利用して多数のアカウントへのアクセスを行い、被害額である7000BTCに到達した時点で今回の犯行に及んだとされています。

現在、Binanceでは主にシステムの再構築、回復に向けての作業を進めています。

これには、ハッキングの被害にあったアカウントやデータなどから痕跡を駆逐することなどが含まれているとしています。

これらの作業が完了次第、出金を再開する予定となっていますが、アカウントやデータの量が膨大であるため、おそらく1週間程度を要するだろうと語りました。

また、被害にあったアカウントの数は現段階では判明していません。被害の拡大を防ぐため、取引所に対しては、ハッカーのものと思われるアドレスからの入金をブロックするよう要請をしています。

一方でユーザーに対して、APIキーや2FA(二段階認証)のトークンの無効化/有効化を行うようアドバイスをしました。

なお、Twitter上でも一部物議を醸し出している、Bitcoinのネットワークでロールバックを行うかどうかという点に関して、CZは数日以内にこれを行うことも十分に可能であるとしています。

しかし同時に、ブロック報酬をはるかに上回る大規模でロールバックを行うことや、これによるBitcoinのネットワークへの影響を懸念しており、現段階ではこれに関しての決定は下されていません

(5/8 14:50追記)

Binance CEOのCZはRe-orgをしないことをTwitter上で発表しました。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事