米国で暗号資産の個人退職口座(IRA)プラットフォームが登場
2019/06/27

米国で暗号資産の個人退職口座(IRA)プラットフォームが登場

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

暗号資産の個人退職口座(IRA)プロダクト開発・提供を手がけるBitcoin IRAが、暗号資産12種を取り扱うIRAをローンチしました。

IRAはアメリカの個人年金制度のひとつで、拠出金と運用益に税制上の特典があります。従来のIRAが株式や債権などを取り扱うのに対し、Bitcoin IRAではビットコインやイーサリアムなどの暗号資産12種が取り扱われます。

どの通貨をどれだけ取引するかなどは全て顧客がコントロールでき、複数の通貨の注文を一度に発行する機能などもついています。

BitGo Trustとの提携下で提供される同プロダクトには、資産の紛失等に対する最大1億ドルの保険や、ウォレット管理費の30%割引などがついています。

また、BitGo Trustのカストディの下、顧客資産は100%コールドウォレット内に保管されるといいます。

2019年に入り、長期向けの暗号資産投資商品が多数登場してきています。時価総額に基づいた配分比率で多数の通貨に投資できるプロダクトはもちろん、通貨自体を保有しない暗号資産トラストも注目を集めています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事