ビットコイン(BTC)の月間取引量が、ドイツ最大の証券取引所の「DeutscheBörse」の月間取引量を上回ったとTrustNodeが伝えました。

イーサリアム(ETH)単体だけで見てみると、月間取引量はオーストラリア最大の証券取引所と同じレベルで、Tether(USDT)に関してはスイス最大の証券取引所を上回るそうです。

さらに、仮想通貨全体の月間取引量3860億ドル(約43兆円)は、英ロンドンの証券取引所の月間取引量の2190億ドル(約24兆円)と、ドイツの証券取引所の1400億ドル(約15兆円)を足しても届かない数字で、ヨーロッパ最大の2つの証券取引所よりも、仮想通貨市場の方が月間取引量が高いことが分かりました。

日本の東証の月間取引量が約60兆円と言われているので、仮想通貨がいつか追い抜く日がくるのではないかと囁かれています。

記事ソース元:TrustNode

ゆっし
ドイツと、ロンドン最大の証券取引所の合計を上回るのはすごいね。もう仮想通貨市場は簡単に無視できる存在でないと言えるね。