仮想通貨マイニング機器製造企業として世界最大の規模を誇るBitmain(ビットメイン)ですが、TechCrunchの報道によると、2018年上半期の収益を意図的に改変していた可能性が指摘されています。

Bitmainは今年の第二四半期の利益は7億ドル(約800億円)としていましたが、4億ドル(約450億円)ほどの損失を隠しており、実際の利益は3億ドル(約340億円)であったようです。

また、投資ファンドAtlanta Digital Currency Fundの最高情報責任者は同社が保有している仮想通貨資産を購入時の価格で計上していたと言います。

Bitmainはビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)イーサリアム(ETH)などの通貨を保有していましたが、これらの資産を購入時の価格で計算する事によって、低迷時の価格から大幅に評価額を釣り上げた可能性が指摘されています。

Bitmainは先日香港証券取引所へIPOの申請書を提出しており、注目が集まっていました。今回のニュースは同社のIPOにも大きく関わってくる他、企業としての評価額にも大きな影響を与える事が予想されます。

記事ソース: TechCrunch

kaz
って事はカナンクリエイティブと大差ないのでは…?