中国の銀行12行が2017年にブロックチェーン技術を採用したと回答
   公開日 : 2018/05/06

中国の銀行12行が2017年にブロックチェーン技術を採用したと回答

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!1.中国で事業を展開する銀行12行がブロックチェーン技術を採用
2.用途は請求書発行サービスから貸付サービスの承認システムまで様々
3.中国銀行ではブロックチェーンを用いたデジタルウォレットの開発に尽力

引用元:Coindesk

中国で事業を展開する銀行26行のうち、約半分の12行が2017年にブロックチェーン技術を採用したと報じられました。

中国の銀行全体でブロックチェーン技術採用の流れ

中国の金融ニュースを扱うCEBNetによると、26行ある中国の銀行のうち、12行が昨年ブロックチェーン技術を採用したとされています。

今回報じられた12行の中には地方銀行や民間の銀行はもちろん、国が保有している中国銀行や、中国建設銀行、中国農業銀行も含まれています

ブロックチェーンの用途に関しては、請求書等書類を発行するためのシステムやクロスボーダーのローンの承認システムに利用されるなど銀行によって様々な用途で使われています。

国が保有する中国農業銀行では、農業関係のeコマース事業を展開する業者に対して無担保での貸付を行う際の認証プロセスの一部としてブロックチェーンを採用したと報告されています。

一方、中国建設銀行ブロックチェーンを活用したプラットフォームを開発し、比較的小さな事業を対象にクロスボーダーの貸付サービスを展開していると明かしました。中国建設銀行によると、同プラットフォームは現在までで16億元(約275億円)相当のトランザクションを処理したと言います。

また、中国銀行では分散型のITインフラの整備に尽力しており、現時点でブロックチェーンを活用したデジタルウォレットの試用まで完了していると明かしました。

kaz
仮想通貨は規制されたけどやっぱりブロックチェーンは必要な技術だよね。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事