Brave / $BAT ロードマップ2.0の進捗状況が公開、ウォレットやDEXアグリゲーターの開発も
   公開日 : 2021/04/09

Brave / $BAT ロードマップ2.0の進捗状況が公開、ウォレットやDEXアグリゲーターの開発も

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

2021年に公開されたBraveのBATロードマップ2.0の進捗状況が公開されました。

ウォレット、DEXアグリゲーター、広告プラットフォームのThemis、コミュニティ、パートナーシップの分野で進捗が進んでいます。

ウォレット分野では主に以下の作業が完了しています。

  • 内部スペックの決定
  • ビットコインやイーサリアムで使用するためのネイティブHD walletのキーリングの開発
  • ウォレットのユーザーインターフェースの開発の着手

Brave DEX アグリゲーター分野では以下の2点の進捗が生まれています。

  • DEXアグリゲーターAPIを相互にベンチマーク化
  • Swapユーザーインターフェースの草案の作成

また、パートナーシップ分野ではBinance Smart Chainとの提携を行っています。

記事ソース:Brave

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事