Circleが120億円を調達し、法定通貨連動の仮想通貨USDCを発行へ
   公開日 : 2018/05/17

Circleが120億円を調達し、法定通貨連動の仮想通貨USDCを発行へ

kaz【CRYPTO TIMES公式ライター】

kazCRYPTO TIMES公式ライター

スイスの高校を卒業し、アメリカの大学に通う大学生。去年の6月に仮想通貨に参戦し、その面白さと魅力にハマり投資を始めました。

この記事の3つのポイント!
1.米サークルが法定通貨連動の仮想通貨USDCを発行へ
2.同通貨はステイブルコインとなり大きな価格変動のリスクを避ける狙いがある
3.サークルは自社の決済アプリと仮想通貨取引プラットフォームの他にPoloniexでも対応する予定

記事ソース:Bloomberg

アメリカはボストンに拠点を置くデジタルセット関連商品を提供するCircle(サークル)がマイニング大手のビットメインを中心に1億1000万ドル(約120億円)を調達したBloombergが15日に伝えました。また、サークルはビットメインと提携し、アメリカドルと連動するトークンを開発すると発表しました。

今回の投資ラウンドでサークルは自身の企業評価を2年前の約6倍となる30億ドルにまで押し上げました

米サークルがアメリカドル連動の仮想通貨を発行へ

サークルはビットメインと提携し、仮想通貨が持つ不安定性を取り除くべく、法定通貨に連動する「ステイブルコイン(安定したコイン)」の開発を目指すとしています。このトークンは「サークルUSDコイン(USDC)」と名付けられ、今夏にも発行されると報じられました。

USDCはイーサリアムネットワーク上に展開され、ERC20トークンとなる予定で、 1:1の比率でアメリカドルに価値が裏付けされる見込みです。このプロジェクトは、大きな価格変動のリスクなしに、仮想通貨の多くの利点を提供するとして、大勢の支持者を集めています。

700万人以上のユーザーを抱えるサークルはUSDCを自社の決済アプリである「サークル・ペイ」と仮想通貨取引プラットフォームの「サークル・トレード」の二つに統合することを目指しています。また、USDCは同社が経営する仮想通貨取引所であるPoloniexでも取引が可能になることが予定されています。

kaz
USDTは問題ばかりだけど今回はどうなることやら

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事