Coinbase WalletでGoogle DriveやiCloudを利用した秘密鍵の保管が可能に
   公開日 : 2019/02/15

Coinbase WalletでGoogle DriveやiCloudを利用した秘密鍵の保管が可能に

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

アメリカの大手仮想通貨取引所であるCoinbaseは、自社のウォレットであるCoinbase Walletでの秘密鍵の保管において、Google DriveやiCloudを利用したバックアップに対応させたことを発表しました。

自身のCoinbase Walletアプリを最新版に更新することで、新たなバックアップ機能を体験することができます。

この機能を利用することで、自身の資産に対するアクセス権がこれまで以上に確実なものとなります。

iCloudやGoogle Driveを利用したバックアップは、秘密鍵そのものがクラウド上にアップロードされるのではなく、秘密鍵をさらにAES-256-GCMと呼ばれるアルゴリズムで暗号化した形でこれが行われます

そのため、万が一Google DriveやiCloudからデータが盗まれてしまった場合でも、秘密鍵が漏洩することはなく、この復号はCoinbase Walletアプリからしか行うことができません

現在のバージョンにおいて、iOSを利用している場合はiCloudでの、Androidを利用している場合はGoogle Driveでのバックアップに対応しています。

利用可能なクラウドストレージの種類に関しては、今後も追加されていくと発表されています。

記事ソース:Backup your encrypted private keys on Google Drive and iCloud with Coinbase Wallet

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事