CoinEx CEO:金融の束縛を打ち破り、暗号資産取引をより簡単に
   公開日 : 2022/05/23

CoinEx CEO:金融の束縛を打ち破り、暗号資産取引をより簡単に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

200以上の国と地域で300万人以上の登録ユーザーを抱える暗号資産取引所CoinExは、新しいブランドスローガン「暗号取引をもっと簡単に(Making Crypto Trading Easier)」を採用しました。

今回は、CoinExの創業者兼CEOであるHaipo Yang氏にインタビューを行い、CoinExと暗号業界の今後の発展に関するトピックについてお話を伺いました。

Q:CoinExの新しいスローガン「暗号資産取引をより簡単に(Making Crypto Trading Easier)」の背景にはどのような思いがあるのでしょうか?

A:現在の暗号市場は、技術的進歩、市場規模、ユーザー数において新たなステージに突入しています。最盛期には、暗号資産の時価総額は3兆ドルに迫りました。一方フェイスブックを超えて、ビットコインは世界的に最も価値のある10大資産のひとつになりました。暗号資産は今や世界資産に欠かせない存在であり、暗号技術もより多くの産業やユーザーに影響を与えています。

同時に多くの人が暗号技術にとまどいを感じています。彼らの見解では、この市場は暗号オタクやプロの投資家だけのものです。このような固定観念は全く根拠のないものではなく、多くの取引プラットフォームは確かにプロ向けに設計されています。新機能をどんどん導入し、ユーザーの能力を考えずに機能や製品を積み上げていくので、多くの新参者が敬遠してしまうのです。

想像してみてください。平均的なユーザーがビットコインを購入するために暗号取引所を訪れます。しかし先物や欧州オプションなどのデリバティブ商品に振り回され、ビットコインをどう買えばいいのか全く分からないでしょう。このようなプラットフォームは、本当に一般ユーザー向けに設計されているのでしょうか。ユーザーはあれもこれも必要だろうと考えているでしょうが、「ほとんどのユーザーにとって、最初の暗号取引を完了するのはそれほど簡単ではない」という、最も重要な事実を無視しているのです。

分散型暗号技術は、そもそも公衆に奉仕するために作られたものです。すべての暗号ユーザーは尊敬に値します。プロだけでなく、個人投資家も、暗号産業にアクセスする価値があります。初心者や個人ユーザーを排除することは、金融独占を打破するという暗号セクターの本来の使命に逆行するものです。

そのため、私たちは暗号産業に対するユーザーの誤解を解き、金融の足かせを外すために活動しています。暗号取引は公平な競争の場であり、金融は決して特定の集団の特権ではない、というメッセージを届けたいのです。私たちは、ユーザーと暗号空間をつなぐ架け橋になります。暗号市場へのゲートウェイとして、CoinExはユーザーが各暗号取引を簡単に完了できるよう支援します。

Q:CoinExのスローガンのアップグレードは、ブランディング、製品、技術の面で戦略的な調整を伴うものです。CoinExの将来のビジョンと戦略的計画について教えてください。

A:CoinExは、プロダクト、トークン上場、ユーザーサービスを通じて「暗号取引をもっと簡単に」していきます。

まずプロダクトですが、私たちは自制心を持ち、決して機能の上に機能を積み重ねません。その代わり、十分かつ満足のいく機能を提供することを約束します。過剰な機能を提供する多くの取引所とは異なり、CoinExは「EASIER」を追求する。これは、CoinExでできることが少ないということではありません。逆に洗練されたものをシンプルにすることで、本当の需要に応えるプロダクトを作ることを目指しています。

また、トークン上場も重要視しています。CoinMarketCapでは、全世界で2万種類近くの暗号資産が表示されています。しかしその多くには大きなリスクが伴います。今日見られるように、ほとんどの取引プラットフォームは、多様性の欠如やゴミのような資産のどちらかに悩まされています。そのため私たちの研究チームは、市場で入手可能な暗号資産をスクリーニングするために多くの時間を費やしています。CoinExは、ユーザーがリスクフィルタリングをする手間を省きユーザーの負担を最小限に抑えながら、簡単に資産に投資することを可能にしているのです。

最後に、CoinExが重視しているのはユーザーサービスです。私たちはプロフェッショナルで効率的な、思いやりのあるユーザーサービスを提供しています。初心者にありがちな暗号関連商品で迷った時は、直感的に理解できる初心者ガイド、包括的なヘルプドキュメント、人道的なユーザーサポートを利用することができます。CoinExは、一流のサービスを通じて、一般ユーザー一人ひとりを尊重しているのです。

Q: 以前と比べVCファーム、ヘッジファンド、アセットマネージャーなど、多くのプロ投資家が暗号市場に参加しています。これは暗号空間の投資の敷居を上げることになるのでしょうか?また、このような市場において、個人投資家はまだチャンスがあるのでしょうか?

A:プロの投資家と個人投資家は対立関係にあるわけではありません。より多くの投資家がこの業界に参入したことは、市場が認知され、暗号空間にさらなる流動性が注入されたことを意味します。確立された市場には様々な投資家が集まるのは当然ですが、だからといって個人投資家にチャンスがないわけではありません。

ここで暗号市場を従来の金融市場と比較してみましょう。従来の金融市場では、大手投資銀行が本質的に中央集権的です。企業が株式を公開するには、複雑なプロセスを経る必要がありそのため、株式は大手金融機関を経由してしか発行できず、プライマリーマーケットはプロの投資家しか参加できないのです。一方、個人投資家はこのプロセスから外されています。

このような中央集権的な独占は、高いコストと高い敷居を生みます。本来株式発行は、プロジェクトチームに資金を提供し、投資家に投資機会を提供するものです。一方、投資銀行やVCファームなどの仲介プレーヤーは、資本効率を向上させません。ブロックチェーンと暗号技術は、IDOとIEOを通じて個人投資家が直接プライマリーマーケットに参加できる新しい分散型ソリューションをもたらし、それによってプロ投資家の独占を打破することができました。

ここ数年、暗号業界ではDeFi、meme、Play-to-Earnをカバーする多くの新しい試みが見られました。これらの新しいカテゴリの多くは、プロのトレーダーによって作られたものでも、大手機関投資家向けに作られたものでもありません。暗号部門は今や誰にでもアクセス可能であり、すべての投資家が暗号から利益を得る機会を持っていることを意味します。

Q:過去2年間の急成長の間、CoinExは常にユーザー体験とユーザーの要望を優先してきました。常に製品を繰り返す中で、どのように「EASIER」を実践しているのでしょうか?また、今後、取引体験を効率化するために優先すべきことは何でしょうか?

A:CoinEx製品のアップグレードの際には、仕組み、インタラクション、コンテンツガイドを重視してきました。ユーザーは、自分の意図する目的を達成するために製品を利用します。そのため”EASIER “とは、ユーザーができるだけ早くその目的を達成できるようにすることです。

商品の仕組みとしては、最もシンプルな操作で目的を達成できるようにしたいと考えています。例えばCoinExの新機能であるSwapは、「ある暗号資産を別の暗号資産に交換する」というシンプルな目的を達成するためのものです。他のスワップ商品では、スリッページや市場価格、指値などの複雑な条件をユーザーに要求することが多いですが、CoinEx Swapは独自開発のスマートアルゴリズムに支えられており、ユーザーは対象の暗号資産とスワップ額を入力するだけで、あとはすべてCoinExが処理します。Swapを利用することで、ユーザーは優れた価格での迅速な変換の恩恵を受けることができます。

また仕組みだけでなく、Webページでのインタラクションやビジュアルガイドなど、インタラクションも大切にしています。1ページに機能や情報を詰め込むのではなく、一目で必要な機能がわかるようなシンプルなコンテンツを心がけています。コンテンツガイドラインにある文章紹介や商品説明も、シンプルで直感的な表現で、すべてのユーザーがすぐにCoinExを使い始められるよう、改善を続けています。

インタビューの中でHaipo Yang氏は「ユーザー体験の向上は終わりのないプロセスであり、製品開発には、絶え間ない努力が必要なのだ」と語っています。CoinExは暗号資産をより一般に普及させるべきだと考えており、金融の足かせを外し、製品の改善によってユーザー中心設計(UCD)あるいはユーザー主導型開発(UDD)で「EASIER」を目指しています。CoinExの取り組みによって、暗号取引分野がより多くの個人投資家に新たな機会を提供することになると確信しています。


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事