CoinEx|初期供給量・総供給量・流通供給量の違い。 知っておきたいトークン情報のポイント
   公開日 : 2022/06/30

CoinEx|初期供給量・総供給量・流通供給量の違い。 知っておきたいトークン情報のポイント

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

暗号プロジェクトやトークン情報を閲覧していると、多くの暗号ユーザーが初期供給量、総供給量、流通供給量の違いに混乱し、初期供給量が総供給量と同じだと考えています。本日は、これら3つの概念の具体的な違いについて説明します。

I. 初期供給量

初期供給量という言葉は、ホワイトペーパーに頻繁に登場します。例えば、暗号資産のホワイトペーパーの多くには、次のような文章が含まれています。

「XX は XX トークンを発行し、そのうちの 20%を xx に、30%を xxx に、そして以下 のように使用する予定です。ここで、「XXトークン」とは、プロジェクトの初期供給量、つまり、プロジェクトが発行する総量を指します。

ほとんどのトークンの初期供給量は固定されています。例えば、ビットコインの初期供給量は2100万枚であり、これはインフレを防ぐことを目的としています。

暗号資産の種類によって発行規則が異なることに注意する必要があります。一般的に、ビットコインを含むほとんどのクリプトは初期供給量が固定されていると言われていますが、例外もあります。例えば、ステーブルコインであるUSDTは供給量が無制限であることが特徴です。

II. 流通供給量

トークンの流通量とは、現在市場に流通している総量のことで、プロジェクトチームによってロックされたトークンや予約されたトークンは含まれません。つまり、トークンの流通量は、市場や暗号ユーザーまたは一般市民の間で流通している量です。

一般的に、暗号資産の初期供給量は、発行時に利用可能な初期量を指し、流通供給量は、市場で流通している量を示します。この2つの用語はカバーする範囲が異なり、具体的な数値も異なります。

PoWを採用しているビットコインの場合、マイニングによって発行され、マイナーは毎日一定量のビットコインを生産するため、ビットコインの流通量は日を追うごとに増加することになります。まとめると、ビットコインの初期供給量は2100万枚で、その流通供給量は常に変化しているということです。

もし、あるトークンの流通量が減り続ければ、そのトークンの時価総額は通常上昇し、ユーザーの注目と投資を集めやすくなることに注意する必要があります。

III. 総供給量

トークンの総供給量とは、ある暗号資産の現在の総量のことで、創出された量から燃焼された量を差し引いたものです。例えば、世界的な暗号取引所であるCoinExのプラットフォーム型トークンであるCETは、初期供給量が100億であることが特徴ですが、2022年5月27日現在、CETの総量は3,596,873,353枚であり、流通供給量は3,536,240,355.61枚です。

さらに、63億4,351万2,591.61枚のCETが償却されています。従って、CETの総供給量と循環供給量が異なることは明らかす。

初期供給量、総供給量、流通量とは別に、トークンの基本情報は、価格、マーケットキャップ、取引量など、多くの側面をカバーしています。

例えば、トークンのマーケットキャップは、通常、流通供給量によって決まります。一般的に、暗号投資家はトークンプロジェクトを表示または評価する際に、幅広い基本的なトークン情報を考慮する必要があり、評価が包括的であればあるほど、より良い結果が得られるでしょう。


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事