C・ロナウドのNFT、大手オークションハウス「ボナムス」で競売開始
   公開日 : 2021/11/01

C・ロナウドのNFT、大手オークションハウス「ボナムス」で競売開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

クリスティアーノ・ロナウド氏のNFTカードが、オークションハウスボナムスが手掛ける独占オンラインセールで、本日11月1日から11月11日までの11日間競売にかけられます。

今回競売にかけられるNFTは、サッカーNFTファンタジースポーツ「Sorare」で2020/2021年シーズンのために発行されたNFTカードです。NFTカードには、ロナウド氏前所属チーム「ユベントス」のユニフォームを着た姿が描かれています。(ゲーム内で使用可能)

競売にかけられるNFT | 画像引用元:https://twitter.com/bonhams1793/status/1452647242603638794?s=20

「ボナムス(Bonhams)」はサザビーズ、クリスティーズと並ぶ著名オークションハウスで、1793年の設立から美術品や骨董品、自動車、宝飾品などを主に取り扱ってきました。

ボナムスは、今回出品されるロナウド氏のNFTカードは80万ドル(約9000万円)から120万ドル(約1億3000万円)で購入されると予想しています。オークション参加者はEthereum/$ETHでロナウド氏のNFTを購入できます。

ボナムズのデジタルアート部門の責任者であるニマ・サガルチ氏は、

“「ボナムズは常に限界を超えた販売を目指しており、この種のNFTを提供する最初のオークションハウスとなることは、非常にエキサイティングなことです。特に今回のNFTは偉大なクリスティアーノ・ロナウドのものです。彼が9月にプレミアリーグに復帰したとき、国中が興奮に包まれましたが、私たちも彼がボナムズに来ることを知り、同じように興奮しました。 -引用元:bonhams.com」”

と今回のイベントについてコメントしています。

現在急成長中のSorareはこれまでに1億5000万ドル(約164億円)分の人気サッカー選手のNFTカードを販売してきました。

Sorareは先日、ソフトバンクが主導する出資グループから約745億円の資金調達の完了を発表しており、今後もNFT市場のキープロジェクトとなっていくことが推察されます。

記事ソース:bonhams.comTwitter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事