分散型取引所CryptoBridgeが12月15日に閉鎖を発表
   公開日 : 2019/12/03

分散型取引所CryptoBridgeが12月15日に閉鎖を発表

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

分散型取引所(DEX)を提供するCryptoBridgeが2019年12月15日にサービス、サーバーを終了することを発表しました。

CryptoBridgeはデンマークに拠点を置くLiquidblocks ApSがサービスを提供していましたが、今回のサービス終了に関して、市場の状況、規制の強化、さらなる開発に資金が足りなくなり、運用の維持ができなくなったと発表しています。

すべてのDepositは2019年12月4日8:59(日本時間)に閉鎖され、12月15日8:59(日本時間)に出金されると発表しているため、ユーザーはこの期間中に出金の申請を行う必要があります。EUの法律では、すべての出金に対して、ユーザー認証が必要となり、この確認には数日掛かる可能性があるため、なるべく早くプロセスを開始することが望まれます。

現在、CryptoBridgeはTwitterやDiscordなどのSNSアカウントは閉鎖しているため、偽物には注意するよう呼びかけています。

CryptoBridgeは2018年初の仮想通貨バブルの際に日本でも一部のユーザーがステーキング報酬などを得るため、利用していた人が多い分散型取引所でした。過去に利用していたユーザーは忘れずに出金を行いましょう。

記事ソース : CryptoBridge

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事