ディーカレット(DeCurret)スマホアプリの使い方を徹底解説!インストールから取引まで
   公開日 : 2021/07/04

ディーカレット(DeCurret)スマホアプリの使い方を徹底解説!インストールから取引まで

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

DeCurret(ディーカレット)の公式アプリは、口座開設や仮想通貨の取引がスマホで簡単に行えるので利便性バツグンです。

DeCurretをもっと手軽に利用するならアプリの利用がおすすめですよ。

この記事では、DeCurret公式アプリのインストールから取引まで、アプリの使い方を徹底解説していきます。

アプリを使いこなして、仮想通貨取引を楽しみましょう!

DeCurret(ディーカレット)アプリの3つの特徴を簡単解説!

ディーカレット ロゴ

DeCurret(ディーカレット)の公式アプリには、便利な特徴が3つあります。

アプリを使い始める前に、3つの特徴を簡単にみていきましょう。

DeCurretアプリ3つの特徴

24時間365日いつでも入出金可能

DeCurretのアプリは24時間365日、日本円の入出金に対応しています。

また仮想通貨の受取・送付も簡単なので、場所を選ばず手続きができますよ。

急な相場変更の時にパソコンがなくて困る!ということがないので安心して取引できますね。

暗号資産を電子マネーに交換できる

DeCurretの一番の特徴は、仮想通貨を電子マネーに交換できることです。

「auPAY」「楽天Edy」「nanaco」の3種類の電子マネーにチャージできます。

もちろんアプリで交換できるので、電子マネーをよく使うなら大きなメリットです。

仮想通貨は複数組み合わせOK
電子マネーに交換するとき、1種類ではなく複数の仮想通貨を組み合わせてチャージできるのも嬉しいポイントです。

万全なセキュリティシステムで安心に取引できる

DeCurretのアプリは強固なセキュリティシステムを採用しています。

DeCurretに預けた資産は、インターネットと隔離されたコールドウォレットで管理され、外部攻撃の危険から守られています。

また、コールドウォレットは複数の秘密鍵(パスワードなど)で管理されており、資産が盗まれる心配もありません。

コールドウォレットとは?
コールドウォレットは、ネットワークから完全に遮断されたウォレットのことです。専用デバイスで管理される『ハードウェア・ウォレット』などがあります。

DeCurret(ディーカレット)アプリのインストールから初期設定まで徹底解説!

ディーカレットアプリ使い方

それでは、DeCurret(ディーカレット)公式アプリの使い方をみていきましょう。

アプリのインストールから初期設定の方法まで、画像付きで詳しく解説します。

インストールから初期設定

手順①:インストールからゲスト登録まで

早速上記リンクからAppStoreもしくはGooglePlayで、DeCurret公式アプリをインストールしましょう。

アプリを開くと、ログイン画面が表示されます。

公式サイトでゲスト登録を既にしている場合は、メールアドレスとパスワードを入力すればログインできます。

ゲスト登録がまだの場合は、新規登録をタップしましょう。

次の画面で、メールアドレス・パスワード・招待コード(あれば)を入力します。

「以下の規約に~」の箇所にチェックを入れ、「送信する」をタップすれば、ゲスト登録完了です。

手順②:eKYCか画像アップロードで本人確認書類を提出

DeCurretのゲスト登録が完了したら、次は本人確認書類を提出し、口座開設を済ませましょう。

本人確認書類の提出方法は、eKYCか画像アップロードの2種類があります。

すぐに取引したい人には、最短翌日から取引できるeKYCがおすすめですよ。

それぞれの手順をまとめます。

本人確認手順

eKYCで本人確認書類を提出する場合

まずは、eKYCを利用して本人確認する方法を解説します。

ホーム画面左上の人型のマークをタップ→画面上部の「ベーシックアカウントを開設」をタップしましょう。

メッセージ画面が表示されたら、画面下部の「個人の方」を選択します。

事前確認事項の該当する項目にチェックを入れ、「次へ」をタップしましょう。

必要事項全てに入力したら、「契約締結前交付書面に同意する」にチェックを入れます。

「次へ」をタップすれば、SMS認証コード画面が表示されます。

登録した電話番号に、6桁のSMS認証コードが届くので、コードを入力しましょう。

提出する本人確認書類は「運転免許証」を選択→「スマートフォンで写真撮影(eKYC)」を選択→「次へ」をタップ。

「本人確認書類を提出する」をタップすると認証サイトに切り替わります。

案内に沿って本人と本人確認書類の撮影をして、提出は完了です。

審査結果のメールが届けば、すぐに取引を開始できますよ。

画像アップロードで本人確認書類を提出する場合


画像アップロードの場合も、上記のeKYCと途中まで手順は同じです。

画面左上の人型のマークをタップ→画面上部の「ベーシックアカウントを開設」をタップ→メッセージ画面下部の「個人の方」を選択。

事前確認事項の該当する項目にチェック→「次へ」→必要事項を全て入力→「次へ」をタップします。

登録した電話番号に6桁のSMS認証コードが届いたら、コードを入力しましょう。

本人確認書類の提出方法で「次の画面でファイルアップロード」を選択します。

提出する本人確認書類を選択し、書類の表面・裏面両方の画像を撮影後「次へ」をタップすれば本人確認書類の提出は完了です。

5日程度で届く郵便物の受け取りを終えたら、取引開始できますよ。

手順③:審査通過後の二段階認証設定方法を解説


日本円出金時や仮想通貨送付時などの基本的な二段階認証は、アプリ初回ログイン時に自動設定されています。

ログイン時の二段階認証は任意ですが、セキュリティ強化のために必ず設定しておきましょう。

ホーム画面左上の人型マークをタップ→「ログイン時二段階認証」から設定できますよ。

DeCurret(ディーカレット)アプリの基本操作方法まとめ

ディーカレットアプリ操作方法

DeCurret(ディーカレット)アプリの初期設定が完了したら、基本操作についてもみていきましょう。

取引方法や入出金方法について解説していきます。

DeCurretアプリの基本操作まとめ

アプリで現物取引をする方法


まず、DeCurretアプリで現物取引をする方法について解説します。

ホーム画面から取引したい仮想通貨の「買う」もしくは「売る」をタップしてください。

注文方法をシンプル(成行注文)かノーマル(指値・逆指値注文)から選択します。

金額などの注文内容を入力して「確認」→「発注する」をタップ→発注完了画面が表示されたら完了です。

現物取引はいつでもできる?
いつでも使えるアプリですが、DeCurretアプリのメンテナンス中は取引できません。メンテナンス時間は、毎日23:55~24:00 毎週土曜日6:00~9:00です。

日本円の入出金方法

DeCurretアプリでは、日本円の入出金手続きも行えます。

それぞれの操作方法について解説します。

入出金方法まとめ

日本円の入金方法

日本円を入金する際は、まずDeCurretアプリホーム画面の日本円の「入金」をタップします。

入金方法は振込入金・ペイジー入金の2通りから選択可能です。

ペイジー入金を利用する場合は、事前にネットバンキングの契約を済ませてくださいね。

2通りの入金方法について、それぞれ以下にまとめたので参考にしてください。

  • 振込入金:「通常入金」→振込入金口座を確認→銀行アプリ・ブラウザ・ATMから口座に振込
  • ペイジー入金:「クイック入金」→「ペイジー入金」→入金額を入力→「入金用ページへ」→金融機関を選択→ネットバンキングで振込

日本円の出金方法


日本円を出金する際は、事前に振込先の銀行口座を登録する必要があります。

アプリのホーム画面左上の人型マークをタップ→「日本円出金先銀行口座」で登録できますよ。

振込先の銀行口座を登録したら、ホーム画面から日本円の「出金」をタップしてください。

次の画面で出金額を入力し、確認をタップしましょう。

出金先の銀行口座を選択→確認をタップします。

最終確認画面の内容に間違いがなければ「出金する」をタップして出金申請は完了です。

仮想通貨の受取/送付方法

DeCurretのアプリでは仮想通貨の受取や送付も簡単に行えます。

それぞれの手順についてまとめます。

仮想通貨受取・送付まとめ

仮想通貨の受取方法


仮想通貨の受取方法についてみていきましょう。

まずアプリのホーム画面右上の三本線マークをタップ→「暗号資産の受取/送付」を選択してください。

画面上に受取用アドレスが表示されたら、「QRコード」か「コピー」のいずれかを選択します。

発行したアドレス向けに、送金元で手続きを行いましょう。

仮想通貨の送付方法

続いて、別のウォレットアドレスへの仮想通貨送付方法です。

ホーム画面左上の三本線マークをタップ→「暗号資産の受取/送付」→希望の仮想通貨の「送る」をタップしましょう。

次の画面で送付数量と、送付先のアドレスを貼り付けます。

内容に間違いがなければ「送付する」をタップし、仮想通貨の送付は完了です。

アドレス間違いがないか確認
仮想通貨の送付アドレスが間違っていたら、資産はほぼ手元に戻ってきません。アドレス間違いがないか慎重に確認しましょう。

仮想通貨を電子マネーにチャージする方法


DeCurretの特徴である、仮想通貨の電子マネーチャージ方法について解説します。

ホーム画面右上の三本線マークをタップ→「電子マネーチャージ/交換」を選択しましょう。

「auPAY」「楽天Edy」「nanaco」の3種類の電子マネーにチャージできるので、好きな電子マネーを選択します。


選択した電子マネーによって手順が変わります。

以下にそれぞれの手順をまとめたので参考にしてくださいね。

  • auPAY:チャージ金額とチャージ先情報を入力→「確認」→入力内容が合っていれば申請
  • 楽天Edy・nanaco:ギフトID交換額を選択→入力内容が合っていれば申請→外部サイトで受取手続き

こんな時どうする?DeCurret(ディーカレット)アプリの疑問解決方法を解説!

ディーカレットアプリ トラブル

ここまでDeCurret(ディーカレット)の設定方法や操作方法について解説しました。

ここでは、DeCurretアプリを使っていく上で、その他に困りそうな疑問の解決方法についてもご紹介します。

困った時のために目を通してくださいね。

DeCurretアプリの疑問解決方法

登録した個人情報を変更したい時は?


引っ越しなどで住所や名前を変更したい時は、DeCurretアプリから個人情報の変更ができます。

ホーム画面左上をタップ→「お客様情報」→「名前・住所のご変更」で情報を変更しましょう。

変更後は再び本人確認が必要
住所や名前を変更したら、再度本人確認書類を提出しなければなりません。変更後の本人確認書類を準備し、画像をアップロードしましょう。

取引履歴はどこで確認すればいいの?

DeCurretの現物取引で注文した内容を確認したいときは、ホーム画面右上三本線マークをタップ→「ウォレット履歴」を選択しましょう。

シンプル注文・ノーマル注文・注文リストの確認ができますよ。

機種変更時のデータ引き継ぎはどうするの?

機種変更をする場合、電話番号の変更がなければ特に手続きは必要ありません。

電話番号番号の変更がある場合は、データの引き継ぎを行いましょう。

旧スマートフォンで、DeCurretアプリにログイン→ホーム画面左上の人型マークをタップします。

「お客様情報」→「携帯電話番号のご変更」→新しいスマートフォンの電話番号を入力→新しいスマートフォンへ送信されるSMS受信確認コードを入力。

旧スマートフォンでDeCurretアプリをアンインストールして、新スマートフォンでDeCurretを再度インストールしてください。

旧スマートフォンがない時はどうすればいいの?
ホーム画面右上三本線マーク→「お問い合わせ」から携帯電話番号登録変更の連絡しなければなりません。その際は本人確認書類を準備しておきましょう。

まとめ

DeCurret(ディーカレット)公式アプリの初期設定方法や操作方法について解説しました。

アプリをインストールしておけば、24時間365日いつでも入出金や仮想通貨の取引ができて便利です。

パソコンとできることに差ががないので、手軽に取引を楽しみたい方にはDeCurretアプリがおすすめですよ。

DeCurretアプリをインストールして、もっと手軽に仮想通貨取引を楽しみましょう!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事