欧州中央銀行の懸念、Bitcoin(仮想通貨)が金融安定に与える影響
   公開日 : 2018/02/09

欧州中央銀行の懸念、Bitcoin(仮想通貨)が金融安定に与える影響

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017年あたりから仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。

ct analysis

この記事の3つのポイント!

  1. 欧州の研究・規制が進んでくる可能性
  2. 欧州中央銀行は仮想通貨の理解・研究が必要だと認識
  3. 欧州中央銀行は地方経済への影響緩和を重視する

本記事引用元:NEWSBTC

欧州中央銀行は、仮想通貨に関するリスクを十分に認識、ただしむやみに規制するのではなく理解・研究を進めた上で適切なガイドラインを導入していく必要があるかもしれないとしています。

最近の仮想通貨市場の暴落についても、実世界経済にも影響を与えるものとして考えています。

欧州中央銀行は仮想通貨のさらなる理解を試みている

これまで、日本やアメリカなどと比べてもEUではBitcoinなどの仮想通貨に対してあまり関心を寄せていませんでした

中にはオランダのような独自の課税ガイドラインが導入されている国もありますが、今のところ欧州レベルで欧州中央銀行がBitcoin(仮想通貨)を規制する計画ないようです。

しかし、仮想通貨という新しい金融資産について中央銀行が管理するということは容易なことではありません。

欧州中央銀行、仮想通貨によるリスクの研究を行う見込み

欧州中央銀行はBitcoinによって世界経済が非常に早く変化する可能性を考えているようです。

仮想通貨は欧州中央銀行にさえコントロールできないもので、仮想通貨の規制は非常に難しい問題です。

欧州中央銀行としての方針は「地方経済への影響を緩和する」ということで、そのために今後ガイドラインを導入するかもしれません。

現段階では仮想通貨による影響自体も研究中であり、実際にどのような解決方法があり、どのようなガイドラインが導入されるのかはわかっていません。

さっちゃん
さっちゃん
欧州ではむやみに規制されることはなさそうですが、「研究」の結果は大きく反映されることになりそうです。欧州関連のニュースや規制に敏感になっておくと、規制に関する動きについて察知することができるかもしれません。
さっちゃん
さっちゃん
bitFlyerの欧州進出もあったので、ヨーロッパのマーケットが活発になって仮想通貨がもっと盛り上がるといいですね。今後も欧州マーケットの動向についていち早く発信していきます。
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事