FDCSがシンガポール企業とパートナーシップを締結、アジア圏でのサービス向上を目指す
   公開日 : 2020/11/03

FDCSがシンガポール企業とパートナーシップを締結、アジア圏でのサービス向上を目指す

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

カストディやトレードエグゼキューション、オンボーディングサポートを行うFidelity Digital Crypto ServicesがシンガポールのStack Fundsとパートナーシップを提携し、アジア圏でのサービス拡充を行う予定です。

Stackによると、FDCSのカストディサービスを用いて管理している資産は毎月監査が行われ、保険や補償などの保護の対象となります。

FDCSヨーロッパのTyrer氏は「歴史的にデジタル資産分野で不足してきた、地域の投資家が何を求めているかを深く理解しているプラットフォームが必要不可欠である。」とコメントしています。

FDCはあらゆる種類の資産がブロックチェーン上でネイティブに発行されるか、トークン化されたフォーマットで表現される未来を目指すサービスで、投資家のアクセシビリティを向上するために2018年から活動を行っています。

記事ソース:Bloomberg

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事