仮想通貨取引所「FTX JP」出金方法を解説!出金できない時の対処法も
   公開日 : 2022/11/08

仮想通貨取引所「FTX JP」出金方法を解説!出金できない時の対処法も

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

「FTX JP」は大手海外取引所の「FTX」が日本向けに提供している仮想通貨取引所です。

しかし、大元が海外ということもあって「ちゃんと出金できるの?」「日本円の出金に不自由はない?」と疑問の方も多いかと思います。

そこで本記事では、FTX JPの日本円の出金方法、仮想通貨の出庫・送金方法などを詳しく解説していきます。

記事の後半には出金できない時の対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしていただき、スムーズな出金をしてください。

目次

FTX JPの出金に関する基礎知識をおさらい

まずはFTX JPの出金に関する基礎知識をおさらいしておきましょう。

思わぬ勘違いによって後悔をする恐れもあるので、仮想通貨取引に慣れていない方は特に確認しておいてください。

FTX JPの出金に関する基礎知識

日本円の出金手数料は無料

FTX JPの日本円の出金手数料は無料です。

入金手数料も無料ということも相まって、頻繁に日本円の出し入れをする方にとっては非常におすすめの仮想通貨取引所といえます。

特に初心者のうちは出金や入金を頻繁に行ってしまいがちなので、FTX JPはその点安心できます。

日本円の出金は銀行口座の確認書類が必要

日本円の出金をするには、銀行口座の確認書類が必要になります。

FTX JPにて公式な案内があるわけではありませんが、口座番号と名前が確認できればどういった形でも問題無いようです。

そのため、キャッシュカードや通帳のコピーはもちろんのこと、インターネットバンキングのマイページのスクリーンショット画像でも確認書類として通ります。

確認書類のアップロードをしなければ日本円の出金は行えないので、留意しましょう。

着金までにかかる時間は平均2分程度

着金までにかかる時間は平均で2分程度とされています。

ただし出金先の金融機関の状況によっては反映に時間がかかる場合もあります。

あまりにも出金が遅くて反映されない場合は、後述する「FTX JPで出金・出庫できない・反映されない場合の原因・対処法」を参考にしてください。

仮想通貨の出金(出庫)手数料は通貨によって異なる

通貨手数料
BTC0.01BTC以上なら常に無料
0.01BTC未満は1日1回まで無料
2回からはブロックチェーン手数料に基づいて計算
ETH・ERC20トークンブロックチェーン手数料に基づいて計算
上記以外の仮想通貨無料

FTX JPにおける仮想通貨の出金手数料は通貨の種類によって異なります。

一言で言えば、ETHとERC20トークンは手数料がかかり、それ以外の通貨は無料と考えて差し支えありません。

ただし、BTCを頻繁に出金する場合は手数料がかかる場合も出てくるので、今後無駄な出費を抑えるためにも少ない回数で出金することを頭の片隅に入れておきましょう。

【PC版】FTX JPの日本円の出金方法を徹底解説!

ここからはFTX JPの出金方法を解説していきます。

出金は主に以下の4通りの方法があります。

まずはパソコンでの日本円出金方法を見ていきましょう。

FTX JPのパソコンでの日本円出金方法

STEP1.ウォレットの法定通貨から日本円の「出金」をクリックする


まずはFTX JPにログインしてウォレットの法定通貨を選び、日本円の「出金」をクリックしましょう。

今すぐに出金する必要がなくても、口座の追加は今後必要になってくることは間違いありません。

確認書類のアップロードまでは終わらせておき、いざという時にすぐに出金ができるようにしておきましょう

STEP2.口座の追加・確認書類のアップロードをする


続いて口座の追加・確認書類のアップロードを行います。

日本円出金先の銀行名・支店名・口座番号を入力すると口座の追加ができます。

その後、追加した口座が自分の物という証明ができる確認書類のアップロードをしましょう。

キャッシュカードや通帳のコピーなど、口座番号と名前が確認できるものであれば問題ありません

STEP3.出金額を入力して出金する

口座の確認が終わったら出金額を入力すれば出金できます。

最低出金額は1,500円以上で、出金手数料は無料です。

通常であれば約2分ほどでFTX JPにて出金処理が完了します。

【スマホ版】FTX JPの日本円の出金方法を徹底解説!

続いてスマホを使ってFTX JPの日本円を出金する方法を紹介していきます。

パソコン版と大まかな手順は変わりませんが、操作画面が多少変化します。

FTX JPのスマホでの日本円出金方法

STEP1.ウォレットの「出金」をタップして日本円を選ぶ


まずはFTX JPのアプリをダウンロードしましょう。

その後ログインをしたら、ウォレットの「出金」をタップして日本円を選びます。

もしくはウォレットにある日本円をタップしてから「出金」を選びましょう。

STEP2.口座の追加・確認書類のアップロードをする

続いて口座の追加・確認書類のアップロードを行います。

パソコン版と同じように、キャッシュカードや通帳のコピーなどをスマホからアップロードしましょう。

スマホでインターネットバンキングを開いて口座番号と名前が確認できるページをスクショする方法が最も簡単かと思います。

STEP3.出金額を入力して出金する


あとは出金したい額を入力するだけです。

パソコン版と同じで約2分ほどで出金処理が完了します。

FTX JPの出金はかなりスピーディーですね。

【PC版】FTX JPの仮想通貨の出金(出庫)方法を徹底解説!

次にパソコン版で、仮想通貨を出金する方法を紹介していきます。

仮想通貨の出金とは、主に他の仮想通貨取引所や、ウォレットなどに仮想通貨を送付することを指します。

銀行の口座に仮想通貨を振り込めるわけではないので注意してくださいね。

日本円を出金するよりも多少複雑なので間違えないようにしましょう。

FTX JPのパソコンでの仮想通貨出金方法

STEP1.ウォレットの暗号資産から任意の通貨を選んで「出金」をクリックする


まずはFTX JPのウォレットの暗号資産から、出金したい通貨を選んで「出金」をクリックします。

ETH・ERC20トークンは出金手数料がかかりますし、BTCは1日2回以上の出金だと額によっては手数料がかかってきます。

STEP2.数量を入力し入庫アドレスをコピーして貼り付ける


通貨を選んだら、上記のような画面が表示されます。

出金したい数量を入力して、入庫アドレスをコピーして貼り付けましょう。

入庫アドレスとは、送付先の仮想通貨取引所やウォレットが仮想通貨を受け取るための口座のようなものです。

入庫アドレスが間違っていると、送金に失敗して仮想通貨が返ってこない可能性があるので注意しましょう。

STEP3.二要素認証やチェック項目を確認して出金する


続いて、同じ画面にある二要素認証やチェック項目を確認していきます。

二要素認証はSMS認証にしている場合は上の画像のように「SMSの送信」をクリックすれば認証コードが送られてきます。

Google認証をしている場合は、認証アプリを開いて表示されているコードを入力しましょう。

あとは必要な項目にチェックを入れると入金が完了します。

なお、自分の名義ではないウォレットへ出金する場合や、他の暗号資産取引所への出金でない場合はチェックをする必要はありません。

ただし、受取人の名前の入力は忘れないようにしましょう。

【スマホ版】FTX JPの仮想通貨の出金(出庫)方法を徹底解説!

次にスマホを使ってFTX JPで仮想通貨を出金する方法を紹介します。

こちらも画像付きで詳しく見ていきましょう。

FTX JPのスマホでの仮想通貨出金方法

STEP1.ウォレットの「出金」をタップして任意の暗号資産を選ぶ


まずはアプリにログインしてマイページを開きます。

その後、ウォレットの「出金」をタップして、出金したい暗号資産を選びましょう。

STEP2.数量を入力する

続いて数量を入力します。

画像では手数料がかからないSOLを選択していますが、BTCは0.01でないと1日で2回目から手数料が発生しますし、ETHやERC20トークンも手数料が発生します。

推定手数料が表示されるのでしっかりと確認しておきましょう

STEP3.入庫アドレスを貼り付けて送信


あとは入庫アドレスを貼り付けて送信するだけです。

パソコン版と同じようにアドレスを間違えると資金が紛失してしまう可能性があるので、間違えないようにしてください。

初めて使うアドレスに送信する場合は、少額でテスト送金をすると安心ですよ。

FTX JPで出金・出庫できない・反映されない場合の原因・対処法

最後にFTX JPで出金・出庫できない・反映されない場合に考えられる原因、そして対処法を紹介していきます。

ミスなく操作をすれば出金できない事態は防げます。

ぜひとも参考にしていただき、スムーズな出金をしましょう。

出金・出庫できない・反映されない場合の原因・対処法

入庫アドレスが間違っている

暗号資産の出庫ができない場合に最も考えられるパターンが、入庫アドレスが間違っていることです。

入庫アドレスは1文字でも間違っていると出庫・入庫ができません

すでに間違えて出庫してしまった場合は、FTX JPもしくは入庫先の取引所に回復措置ができないか問い合わせてみましょう。

承認作業に時間がかかっている

承認作業に時間がかかっている場合考えられます。

FTX JPで初めて出金する出金口座は、最初の出金で承認作業を行うため、時間がかかりやすいです。

日本円の出金はミスをすることはほとんどないので、特に焦る必要はありません。

1日待っても出金が反映されない場合は問い合わせてみましょう

メンテナンスなどの影響で対応されていない

FTX JPにおける日本円での出金は、メンテナンスなどの影響で対応されていない場合もあります。

平日午前6時~午前8時半の出金依頼はメンテナンスの影響もあり、午前9時半以降から順次行うとのことです。

また、出金先の金融機関がメンテナンスの場合も通常よりも時間がかかります。

一度出金先の金融機関のメンテナンス状況を確認してみましょう

メールアドレスの変更や二要素認証の再設定を行った

メールアドレスの変更や二要素認証の再設定などの一部の操作を行った場合は、24時間暗号資産の出庫が停止されます。

暗号資産の出庫が停止される操作は以下の通りです。

  • メールアドレスの変更
  • 二要素認証の解除・再設定
  • パスワードのリセット

心当たりがある場合は24時間待ってから再度出庫をしましょう。

これは、FTX JPによるセキュリティ対策の一環です。

まとめ

FTX JPの出金に特に難しい手順はありません。

ただし銀行口座の確認書類のアップロードをする必要があるので、最初は多少手間に感じるかもしれません。

本記事で紹介した手順なら、スムーズに出金を進められるので、困ったときは参考にしてください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事