Gala Games / $GALA とは?プロジェクトの概要を徹底解説!
   公開日 : 2022/01/05

Gala Games / $GALA とは?プロジェクトの概要を徹底解説!

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

ct analysis

Gala Gamesは、Play-to-Earn要素を含むブロックチェーンゲームを複数展開しており、ゲームを楽しみたいユーザー・稼ぎたいユーザーが特に注目しています。

Ethereumチェーンに基づいて構築されていますが、スマートコントラクトの導入や、Flare・Polygonとの提携によりゲーム内取引は円滑で安価です。

$GALAでNFTを購入し、ゲーム内に設置したりミッションをクリアしたりすることで収益化を狙いますが、純粋にゲームのみでも十分楽しめるほど作りこまれています。

この記事では、Gala Gamesの特徴や公開されているゲーム紹介、トークン情報などを徹底解説します。

GameFiはたくさんありますが、Galaのように複数のゲームを配信するプロジェクトは珍しいので、概要をつかんでゲームやプロジェクトの魅力を感じてくださいね!

Gala Gamesの公式リンクまとめ

Webサイトhttps://app.gala.games/
Twitterhttps://twitter.com/GoGalaGames
Mediumhttps://gogalagames.medium.com/
Discordhttps://discord.com/invite/JtnCNMFnnK
Telegramhttps://t.me/GoGalaGames
Youtubehttps://www.youtube.com/c/GalaGames

Gala Gamesの公式リンク一覧です。

フィッシングサイト/スキャムサイトに誘導されないためにも、公式リンクのブックマークやSNSアカウントのフォローをおすすめします。

Gala Gamesの特徴・注目ポイントを解説

galagames townstar

Gala Gamesは、Ethereumブロックチェーンに基づいたゲームプラットフォームです。

ゲーム会社によってプレイヤーの自由が損なわれないように、ブロックチェーンの仕組みを利用して全てのプレイヤーがゲームに対する発言力を持ち、アイテムなどの資産は自身でブロックチェーン上で保管するという環境を提供します。

ただのゲームではなく、ゲーム内資産が実際に報酬となるPlay-to-Earnにも対応しており、新しい稼ぎ方の一つとして業界でも注目されています。

ここではGala Gamesの特徴や知っておくべきポイントを解説するので、ぜひチェックしてくださいね。

Gala Gamesの特徴

ゲームや資産を自身でコントロールするブロックチェーンゲームを提供

Gala Gamesは、複数のブロックチェーンゲームを開発・提供するプロジェクトです。

単なるゲーム会社ではなく、「ブロックチェーンを基盤とするプレイヤー主導のゲーム会社」であると主張し、引き付けたいのは投資家などではなくゲーマーだと考えています。

これまでの企業が開発するゲームにおいて、アイテムを獲得しても実際に「自分の物」にならないことを重要視して、何もできない物ではなく、プレイヤーが実際に所有しコントロールできる必要があると考え、Gala Gamesが始動しました。

その結果、ブロックチェーン上でゲームを構築することにより、アイテム・ゲーム内資産をGala Gamesエコシステムで実際に所有できる環境を提供します。

NFT化されたアイテムの購入や売買も可能とし、ゲーム内での取引によっては実際の収益にも繋がります。

ゲーム方針をプレイヤーがコントロールする方法として、後述するGala Gamesノードを所有するコミュニティメンバーが、ゲーム開発などの意思決定に参加することも可能です。

このように、ゲーム会社主導ではなく、様々な権利をプレイヤー主導として最高のゲームを構築するのがGala Gamesの目標です。

Play-to-Earn対応ゲーム「Town Star」で実際に稼ぐことができる

GalaGames8

Gala Gamesは複数のゲームを開発しており、詳細が公開されているのは上記8つのゲームです。

2021年12月時点でプレイまたはテストプレイできるのはTown Star、Miranrus、Spider Tanksとなっており、その他のゲームも先行してNFT販売を行っています。

TownStar

実際にTown Starの特徴やプレイ方法を簡単に紹介します。

Town Starは、土地を決めて農場を作り、作物を売って、貯まった資金で街づくりをするゲームです。

TownStar2

森や平野、ビルの近く、海の近くといった場所を選択し、実際に街を作っていきます。

Play-to-Earnの要素として、デイリーミッションをクリアするとゲーム内通貨である「Town Coin($TOWN)」を獲得できます。

Town CoinをUniSwapなどでGALAトークンに変えることで収益化が可能です。

TownStarNFT

そして、デイリーミッションで$TOWN付与対象になるために必要なのがNFTです。

GALAトークンでNFTを購入し、自分の街に設置すれば$TOWNの付与対象となります。

レア度が高いNFTやNFTシリーズ「VOX」であればより多く稼げる仕組みです。

NFTシリーズ「VOX」が限定販売され将来価値に期待

VOXとは、Gala Gamesが限定販売しているNFTシリーズです。

Town StarやMirandusで各8,888体発売され、即完売するほどの人気でした。

VOX NFT Opensea

上の画像のように、VOXはOpenSeaで二次流通しているので、公式セールで購入できなかった場合でも入手可能です。

Town Starの場合、街にVOXを設置すれば収益性が上がるのでプレイヤーは狙いどころですね。

Mirandusの場合、アバターの能力を最大限に強力にするため、アバターと対となるVOXが必要であり、VOXが一致すればゲームの特別ボーナスへのロックが解除されます。

また、MirandusのVOXをTown Starに設置して報酬を稼ぐことも可能です。

Gala VOX

出典:GalaVOX

Gala Gamesは将来的に、VOXメタバースやVOX Coinを登場させる予定です。

Galaの複数あるゲーム内を行き来するVOXや、DeFiを実行するVOXとして様々なユーティリティが生まれます。

各ゲーム8,888体以上は販売されないので、完売したVOXはOpenSeaで購入するしかありません。

高価ですがゲームをやりこむなら必須アイテムです。

Galaノードに参加するとトークンや限定NFTがもらえる

Gala Gamesはノードシステムを採用しており、Galaのエコシステムを成長させたいという気持ちがあれば世界中の誰もが協力できます。

Galaノード運用のためのライセンスを購入し、Galaのネットワークに貢献することで、GALAトークンや限定NFTといった報酬を得られます。

GalaGamesNode

上の画像は、Gala Gamesノードエコシステムの全体図です。

ノードに参加するユーザーは、新たなゲーム追加や支援するゲーム、Gala Gamesのロードマップ発展などの発言権があり、重要な役割を持ちます。

画像の各役割は以下の通りです。

  1. GalaGames:エコシステムの管理業務を提供し、ノードソフトウェアの更新や開発運営、マーケティングで支援
  2. 各ゲーム制作会社:TownStarなど。Galaのツールを使ってNFTを販売しGalaエコシステムに参加する
  3. ノード:ランダムに割り当てられた報酬・NFTなどが分配される
  4. エンドポイント:パブリックデータベースにより配布データのランダム性の証明

各ゲーム開発者から集められたNFTは、画像中央部分にあるランダム性分配アルゴリズムにて集約され、各ノードにランダムに配布されます。

パブリックデータベースにより、公的にアクセス可能となっているので、ノードエコシステムの信ぴょう性も高いですね。

実際にGalaノードに参加すると、毎日GALAトークンや各ゲームのトークン($TOWNなど)、さらにNFTがランダムに配布されるというのが利点です。

自宅のPCからノードに参加して報酬を獲得し続けるチャンスであり、世界中の16,000プレイヤーがすでにノードとしてエコシステムに参加しています。

分散性が高く、多くのプレイヤーがGala Gamesのロードマップに関係するのが分かりますね。

ノードの初期費用
ノードになるには運用ライセンスを最初に購入する必要があります。2021年12月時点で12.7万以上の$GALAが必要です。

スマートコントラクト実装済みでEthereumに基づく完全分散型ネットワーク

Gala GamesはEthereumブロックチェーンに基づいて構築されています。

GALAトークンに使用されるERC-20規格と、様々なウォレットが所有するアイテムの処理を行うERC-721とERC-1155規格です。

ネットワークは完全分散型であり、中央集権化のリスクもありません。

また、スマートコントラクトを導入しており、ANCHAIN.AIによるセキュリティ監査も完了済みです。

ANCHAIN.AIは、デジタル資産の検出・監視・防止ソリューションを提供しており、Gala GamesがDeFiやDAppsを導入するときにも支援すると述べています。

Gala GamesのPlay-to-Earnの処理能力や資産管理方法にも信頼がおけるとわかりますね。

Gala Gamesで配信中・配信予定のゲーム概要を簡単に紹介

Gala walking dead

Gala Gamesのプラットフォームに追加されているゲームについて紹介します。

まだ開発中やノード投票待ちの場合もあり、実際にプレイできないゲームがあるので注意してください。

特徴や最新情報をまとめるので、ぜひ参考にしてくださいね。

Gala Gamesの特徴

Town Star

TownStar Gala

Play-to-earn対応で稼ぐことができる」でも紹介したTown Starは、Gala Gamesで最も有名かつ人気のあるゲームです。

街づくり・農場ゲームとしてより生産性のある街を作り、農作物や砂糖などの加工品を売って稼ぎます。

Play-to-earnで$TOWNを稼ぐにはNFTが必要です。

TownStar NFT

例えば、画像左側は給水塔で、作物に水をあげるのが簡単になります。

価格は29,980TOWN COIN($0.7時点で約$21,000)です。

右側はサトウキビを10個保存できる専用倉庫となっており、14,565TOWN COIN($0.7時点で約$10,000)で購入できます。

稼いだ$TOWNで新たなNFTを購入し、さらに街を発展させられます。

ただし、Town Starはゲーム開始時にサーバーの期間を1週間や1か月から選択し、期間が過ぎるとすべてリセットされることを覚えておきましょう。

稼ぎやすい好条件の土地がリセットされると、次のユーザーによる争奪戦が始まります。

Fortfied

fortified

Fortfiedは、中世の世界が舞台で、NFTのタワー(塔)と土地を利用して対プレイヤー戦を行うゲームです。

自分の土地で自分が適用した条件で相手と戦ったり、中立の土地で様々なプレイヤーと戦って賞金を勝ち取ることもできます。

土地やタワーを持たずに戦うことも可能で、勝利すれば賞金の一部を獲得できるため、NFTがなくても参加し稼げます。

2021年12月現在はNFTは発売されておらず、ゲーム自体も開発中のままとなっておりリリース時期は未定です。

Echoes of Empire

Echoes of Empire

Echoes of Empireは、映画のような映像美が特徴的な宇宙を舞台にしたSF戦闘アドベンチャーゲームです。

正式リリースは2022年第2四半期ごろの予定です。

宇宙を支配する王室と戦うために、宇宙船や武器のNFTを所有したり、ギルドを作って紛争に参加したり、基地の襲撃なども行うNFT戦略ゲームといえます。

Spider Tanks

spider tanks

Spider Tanksは、クモのような形をしたタンク(戦車)を選び、他のスパイダータンクとバトルする対プレイヤー戦ゲームです。

2021年12月にテストリリースして遊べるようになりました。

複数のPlay-to-Earn要素があり、パイロットの戦闘報酬や、スパイダータンクの保有者の貸出報酬、工場所有者やマップ所有者となって稼ぐこともできます。

spider tanks nft

公式ストアで販売されているNFTは、マップやスパイダータンクのボディ、武器などです。

例えば、上の画像のマップNFTを購入すると、工場や武器、戦車を配置することができます。

強力なスパイダータンクを保有して受動的な収入を獲得しながら遊べるゲームですね。

Legacy

Legacy

Legacyは、Town Starに似た街づくりゲームです。

数千のアイテムから製品や建物をデザインし、実際に工場で製品を作って市場で売ります。

2022年に正式リリース後、NFTの設置や競争イベントなどで、ゲーム内トークン「LegacyCoin」を入手・活用できる予定です。

工場や労働者、装飾、家など様々な設計を行い、大きな工業都市を構築することでスキル競争に勝利し、トークンを稼ぐことができるPlay-to-Earnとなります。

Legacy NFT

上の画像はLegacyで販売されているLAND(土地)NFTです。

LANDを購入して、建物や製品をレアにカスタマイズすることで収益性を高めることができます。

Last Expedition

last expedition

Last Expeditionは、操作するアバターの本人視線でプレイするFPS(First-person shooter)ゲームで、プレイヤーは臨場感あふれる体験をしながらエイリアンと戦います。

リリースはノードによる投票待ちの状態ですが、ブロックチェーンゲームでFPSは少ないのでゲームの価値は高いですね。

Play-to-Earn要素の詳細は明かされていませんが、アイテムのNFT売買やギルド戦闘による報酬になると予想されます。

Mirandus

mirandus

MirandusはTown Starに次ぐ2番目に開発されたゲームで、2021年12月にテストリリースしました。

ファンタジーRPGであり、深い森や川、海、島々を冒険して、モンスターと戦いながらミランダスという謎の大陸を目指します。

プレイヤーはNFTで土地を所有して、農場や都市、街、城を建設し、Play-to-Earnとして稼ぐことも可能です。

MirandusのVOXも販売され、すぐに完売していることから人気度の高さがわかります。

VOXにはエルフ、強力な船員、埠頭など様々なNFTが組み込まれていました。

mirandus nft

Galaストアで販売されているMirandusのNFTは多くが売り切れています。

特にMirandusのDragon NFTは375ETHで売れるなど、多くの話題も出たのが記憶に新しいです。

船員やアイテムを購入することができますが、やはりレア度が高いのはVOXのNFTでしょう。

NFTを通じて稼いだり、土地や船を買ったり、ミランダス大陸を探す冒険に出たりと複数の遊び方を選ぶことができるゲームです。

The Walking Dead:Empires

walking dead

The Walking Deadは、アメコミが原作で、ゾンビに支配された後の世界で人間とゾンビが戦うヒューマンドラマとして世界中で人気です。

大規模な多人数同時プレイオンラインゲームであるMMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing Game)として、ウォーキングデッドがGala Gamesに登場しました。

武器や物資を集めて生き残り、チームを組んでゾンビと戦い、他プレイヤーから物資を奪うこともできるサバイバルゲームです。

Play-to-Earn要素として、NFTの土地を購入し発展させることで稼ぐことができます。

walking dead NFT

上の画像はウォーキングデッドで公開されているNFTです。

2021年12月時点でプレイ時期は未定ですが、土地のNFTは先行して販売されています。

この土地は、自分の基地や避難所として安全な場所にしたり、他プレイヤーがこの土地に定住して売買や戦闘を行うことで受動的な報酬を得たりすることができます。

Gala GamesのTokenomics

gala tokenomics

Gala Gamesのネイティブトークンは$GALAです。

リリースする各ゲームがPlay-to-Earn要素を持つので、ゲーム内トークンを稼ぐことになりますが、2021年12月時点ではTown Starの$TOWNのみ流通しています。

LegasyがLegacy Coinを発行すると述べている通り、今後トークンが増えると予想されます。

ここでは、現時点でわかっている情報とトークンについて解説するので参考にしてくださいね。

Gala GamesのTokenomics

$GALAのTokenomics

GALAトークンの総供給量は約500億枚です。

2021年12月時点で14%程度の約70億枚のGALAが流通しています。

公式のTokenomicsの説明によると、2021年7月21日から1年間、毎日17,123,286GALAが配布されており、その半分が創設者のノードオペレーターへ、残り半分がGalaGamesを保存管理するメンバーへ送られているようです。

ビットコインに半減期があるように、GALAも毎年7月21日に新規供給量が半減する予定です。

次回は2022年7月21日に、新規発行枚数が17,123,286GALAから8,561,643GALAへ減少します。

$TOWNのTokenomics

$TOWNは、Town Starのゲーム内トークンであり報酬として受け取ることができます。

UniSwapや0xプロトコル、OKExなどがTOWNトークンの取引に対応しています。

最大供給は1,000億枚とされ、2021年12月時点での循環供給は約2,900万枚です。

それ以外のTokenomicsに関する情報はほとんど公開されていません。

$VOXcoinの将来性

Gala GamesのNFTシリーズであるVOXは、Town StarやMirandusで販売され即完売するほどの人気でした。

将来的にVOXメタバースやVOXCoinを導入すると発表されています。

メタバースでVOXのアバターを使って遊ぶとVOXCoinを獲得できるPlay-to-Earnにも対応する方針です。

VOXによって生成されるトークンであり、GalaGamesが提供するメタバース全体で使用できる予定ですが、全ゲームで統一されるのかはまだ発表されていません。

VOXの紹介サイトには、他のトークンと交換できる場合もあると記載されており、VOXCoinのユーティリティがどのように広がるのか、期待しつつ発表を待つしかないですね。

Gala Gamesのパートナー・提携情報まとめ

Gala partner

Gala Gamesと提携するパートナー情報、さらにGalaが行う他のプロジェクトへの出資やファンド設立情報についても紹介します。

様々なプロジェクトと提携することで、Gala Gamesのエコシステムを拡大し、コミュニティの利益にも繋がるのがわかります。

Gala Gamesの提携情報

Gala Gamesの提携情報

gala partner

上の画像は、公式サイトで確認できるGala Gamesの提携パートナー一覧です。

簡単に特徴をまとめます。

  • Flare:EVM対応の分散型ネットワーク。セカンドレイヤーソリューションとしてGalaのNFTや取引に利用。
  • Bitrue:仮想通貨取引所。GALA・ゲーム内通貨取引など。
  • MazerGaming:プロeスポーツ・エンターテイメント組織。Galaがクリエイターを後援。
  • Brave:プライバシー型ブラウザメーカー。MirandusのNFT購入に$BATを拡大、Braveユーザーの割引。
  • Polgyon:分散型ネットワーク。ガス代節約としてゲーム内取引に活用される。

さらに、最近ではデジタルマーケットプレイスである888TheNewWorldと提携して、888のアーティストがGalaのNFTアイテムを作成する機会を増やしました。

2021年11月には、OrbitChainKLAYswapを提供するOzysと提携しています。

これにより今後、Galaでスワップやブリッジ機能を統合する予定です。

インフラやゲーム、NFTなど様々なプロジェクトと提携してGala Gamesのエコシステムを大きくしているとわかります。

Gala Gamesの出資情報

Gala Gamesは資金調達やICOを行っていません。

運営によると、すべて自己資金で開発から運営まで進めているようです。

さらに、Gala Gamesは他のプロジェクトへ出資しています。

例えば、2021年10月、Dapper LabsがリードするCONCEPT ART HOUSEのシリーズAラウンドで、20以上の投資家チームとともに合計2,500万ドルの出資に参加しました(記事ソース)。

CONCEPT ART HOUSEは、様々な種類の高品質なアートを提供するプロバイダーであり、提供先にはGala GamesのCEOであるEric氏が創設した「Zynga」が含まれているため、この出資に至ったと思われます。

2021年12月には、仮想通貨投資企業C2 Venturesと共同で、メタバース・ゲーム・関連プロジェクトに対して1億ドル(約110億円)のファンドを共同で設立しました(記事ソース)。

GameFiプロジェクトや開発者に投資され、今後さらにブロックチェーンのゲーム業界を盛り上げるという気合が感じられますね。

Gala Gamesのコアメンバーを紹介

Gala Gamesは、2021年12月にラスベガスで3日間にわたる大型イベントを開催しました。

チケットはNFTで販売され、イベントではGala Gamesの最新情報発表やチームメンバーとの交流会も行われ、コミュニティとチームが実際に対面する素晴らしいイベントでした。

ここでは、アグレッシブなGala Gamesのコアメンバーを3名紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

Gala Gamesのコアメンバー

CEO Eric Schiermeyer氏

Gala GamesのCEOはEric Schiermeyer氏です。

カリフォルニア大学大学院卒で、過去には複数の企業でアドバイザー・投資家として経歴を積み、ゲームやソフトウェア会社でも技術責任者を経験しています。

サンフランシスコの大手ソーシャルゲーム開発会社である「Zynga」の共同創設者でもあり、現在に至るまで15年以上勤めてZyngaのほぼすべての業務を経験し管理します。

マーケティング力やゲーム開発技術、管理者としての能力も高く、GalaGamesを成功へ導いているといえますね。

CTO Adam Price氏

Gala Gamesの最高技術責任者であるAdam Price氏は、AMAでもよく発言しています。

メタバース・NFTゲームで人気のThe SAND BOXのCTOも務めており、ブロックチェーンとゲーム業界どちらにも精通しているのが分かりますね。

Stuff & Thingsという企業の創設者で、Redisと呼ばれる高速処理メモリデータベースのアプリケーション開発を現在も行っています。

これはゲーム業界でもよく使われるもので、ゲームデータやランキングなどの情報をメモリ上で管理するようなイメージです。

技術者としての開発能力や問題処理能力が優れており、他者からの評価も高く、Gala Gamesの信頼できるメンバーの一人です。

CMO Jason Brink氏

Jason Brink氏は、Gala Gamesの最高マーケティング責任者です。

2013年から仮想通貨・ブロックチェーン業界に携わり、理論家や伝統者として多くのブロックチェーンプロジェクトにも関わってきました。

学術コンサルタントであり、ブロックチェーンコンサルティング会社「RubricPartners」の創設者でもあります。

他にも、エネルギー研究エコシステムの開発を行うQuoxent($QUO)のディレクターや、韓国のソフトウェア開発会社「Moiin」のグローバルビジネス責任者も務めており世界的に活躍しているのが分かります。

Gala Gamesのまとめ

この記事では、Gala Gamesについて特徴やゲーム内容、トークン情報や開発メンバーを徹底解説しました。

ゲームを本気で楽しみ、コミュニティ主導でゲームを大きくしていることがわかりましたね。

もう一度、Gala Gamesの重要ポイントを5つにまとめて振り返りましょう。

Gala Gamesのまとめ
  1. 複数のPlay-to-Earn対応ブロックチェーンゲームを提供
  2. Galaノードに参加すると報酬やNFTが貰えるがライセンスに数百万円かかる
  3. レアNFTシリーズのVOXはTownStarとMirandusで限定8,888体販売され即完売
  4. VOXはGalaのゲーム内で将来的に幅広く使えるため注目
  5. Gala Gamesの月間利用者は130万人を超え日本人ユーザーも多い

Gala Gamesは投資ファンドを設立したり、対面の大型イベントを開催したりと、とにかくブロックチェーンゲームの業界を盛り上げているのが分かります。

一つのプロジェクトで複数のゲームを提供し、それぞれが完璧に制作され、各ゲームが独立したTwitterやMediumなどの媒体も持っています。

The Walking Deadのゲーム概要も公開され、ゲーム・アメコミ・ドラマ・ブロックチェーンといった様々な異なる利用者やファンを引き込み、Gala Gamesは大きく成長していくと考えられますね!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事