暗号資産取引所Geminiが英国でのサービスを提供開始
   公開日 : 2020/09/30

暗号資産取引所Geminiが英国でのサービスを提供開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

暗号資産の取引所とカストディ業務を行うGeminiが、英国でのサービスを提供開始しました。

イギリス居住者はGeminiにてデビットカードまたは銀行振り込みを利用して、英ポンドを用いた暗号資産の購入を行うことができます。また、SWIFTをはじめClearing House Automated Payment System (CHAPS)やwire transfersなどの決済方法にも対応します。

Geminiの英国でのサービスは、Electronic Money Institution (EMI)ライセンスをはじめとした、運営に必要な手続きを完了したすぐ後の提供となります。

先日、ヨーロッパでサービス提供を行うbitFlyer Europeが、決済アプリPayPalと連携を行いユーロの利用が可能になりましたがGeminiがPayPalに対応するかは明らかではありません。

記事ソース:The Block

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事