GMOコイン「貸仮想通貨」にアルトコイン4種が加わる
   公開日 : 2018/05/13

GMOコイン「貸仮想通貨」にアルトコイン4種が加わる

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

先月、ビットコインを顧客から利子付きで借りる「貸仮想通貨」を開始したGMOコインですが、今月9日を持って新たにアルトコイン4種の取り扱いも開始したことがわかりました。

「貸仮想通貨」とは、仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで、貸し出した数量に応じた貸借料を受け取ることができるというサービスです。

同サービスはユーザー間での仮想通貨貸借を可能にするものではなく、ユーザーからGMOコインへの貸し出しのみとのことです。

今回新たに「貸仮想通貨」に加えられたのはイーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)の4種となっています。

最小・最大申込数量は各通貨ごとに細かく指定されており、満期は150日年利は5%相当となっています。今回の申込期間は5月9日〜5月23日となっています。

また、募集上限も設けられており、上限以上の申込があった場合には抽選が行われるとのことです。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事